“たゝ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
21.4%
21.4%
14.2%
11.0%
6.5%
3.9%
2.9%
2.3%
2.3%
1.6%
1.6%
1.0%
1.0%
1.0%
0.6%
0.6%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
多々0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
敲戸0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おやもうそつちのつたのかい、それぢや彼處くんだよ」内儀さんはいつてれた。おつぎは自分裏戸口つた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
かゝることばを山にてつかはざれば山神のりたまふといふはがたけれど、神の㕝は人慮をもてかろ/\しくべからざる物をや。
火口休息状態にあるは、大抵濁水へてゐるが、これが硫黄むために乳白色ともなれば、熱湯となることもある。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
色々事情綜合してへた、まあ大丈夫だらうとめた。さうして鐵瓶いた。其時座敷
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
温泉は、やがて一浴した。純白んで、色紙形へて、かに青味びたのが、ると、吹溢れてらしてい。
飯坂ゆき (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ロオザは弟の手術を讚め、マリアも亦その恩惠をへたり。マリアの云ふやう。目しひなりし時の心の取像ばかりしきはし。
甚だ難澁仕つり一命にも及ばんとなす是なる藤八身延參詣の歸り掛け幸ひ其處へ差掛り私し難儀の體を見兼右の三人を片端よりして私しを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何でも早く勉強して、来年にも幼年学校に入るやうにしなければ、一体男児の本分がぬではないか。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
れたか投出した、がなくば暖簾てたやうにまれさうな、年紀て二十二三、をあんぐりやつた上唇巻込めやう、さ、出額
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
私を棄てゝ心中するなんて、そんな奴なら了簡があります、愚図々々すれば女郎にでもき売って金にして埋合せをするのだ
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
まして自ら進んで犠牲者たらうとした男の勇気をへる気にもならんのです。わかつた……君……もう泣くのはおよしなさい。彼の口吻を真似れば、鬼頭令門は幸運児さ。
双面神 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
せよと云に曲者は半四郎の心中られざれば有難しと口には云て食事をすれへは通らずに半四郎も食事を仕舞きて女を昨夕からの旅籠代共勘定を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
此奴り縛って置き、いても其の訳を白状させなければならん、さ何ういう理由で此の文をった、手前は屋敷奉公をした奴だろう、谷中の屋敷にいた時分
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
市中の評判は大抵同志に同情して、つて殺された横井の罪を責めると云ふ傾向を示した。柳田の沈黙がへられる。同志のく秘密を守つて、形跡をましたのが驚歎せられる。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
さわいでさわいでぎぬかうとひますとていて朋輩べばちやん大分おしめやかだねと三十厚化粧るに、おい此娘可愛といふだと突然はれて
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
石橋ひに行つてもはん、から手紙を出しても返事が無い、もう是迄ふので、が筆を取つて猛烈絶交状を送つて、山田硯友社とのの発行とれてつたのです
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
もう忍耐出來ない、萬年ペンをとつてりあげた、そのろしいみをふかのようにいてゐる、それがけるか。
ねこ (旧字旧仮名) / 北村兼子(著)
いぢやありません、きですかられてゐるのです、くにびません、そしてうことは懲々してゐるんです」
ねこ (旧字旧仮名) / 北村兼子(著)
庭ごとに石にてみたる井ありしが、家々の壁と井との間をば、人ひとり僅かに通らるゝほどなれば、我は上より覗きて、二つの井の内を見るのみなりき。
そのめぐりには、許多小龕並びたり。又二重の幅き棚あり。處々色かはりたる石をみて紋を成せり。一つの龕をば食堂とし、一つには壺鉢などを藏し、一つをばとなして豆を煮たり。
友「口惜しい、畜生め、町人と思って打ち打擲して、人を半死半生に殺しゃアがったな、あゝ己は口惜しい、己は此の橋から飛込んで三日取殺すからそう思え、エー口惜しい」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
友「三日に取殺します」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
御米のない眞中に、少時ずんでゐたが、やがて右手下女部屋を、のしないにそつといて、洋燈した。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
し一に氣にツたのは、と眼で、眉は温順にのんびりしてゐるといふだけのことであツたが
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
北條小學校々庭實見せられたようなものゝ多々あることであらう。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
「これは/\錢形の親分、飛んだお騷がせをいたします。——大泥棒を縛つて、御上の御手傳ひをして、その泥棒にられたとあつちや、私も人樣へ顏が合はされません。何分宜しく御願ひ申します」
ずんで、たけなはに、夕景色
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
と、調荒鷲の、いてぶごとく、調溪水の、かれてく、檣頭印度洋くるして、本艦々上暫時まなかつた。
中單の代にその頃着る習なりし絹の胸當をば、針にて上衣の下に縫ひ留めき。領巾をば幅廣きみたり。頭には縫とりしたる帽を戴きつ。我姿はいとやさしかりき。
ベンヺ さア/\、敲戸いてったり。ったらば、一しょにさうぞよ。
れてあれば惣身痩衰へ眼はみ小鼻も落て此世の人とも見えざるゆゑ兩人の用人はを流し是が嘉川家の若殿樣の有樣なるか扨々淺ましき御事なり少しも早く御連退申さんと兩人して組牢
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
邦家の事んぞ長舌弁士のみ能く知るところならんや、別に満腔の悲慨をへて、生死悟明の淵に一生を憂ふるものなからずとせんや。
富嶽の詩神を思ふ (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
其の屋敷へ年始に往った処が、りにおえの刀がったのだ、それが先祖から伝わるところの滅法にい物なんだ……すると、此の人は酒嗜きで、酒をされてる処へ無理に屠蘇を勧められて
さぬ樣に致しなば我々が臣たる道も立により此上は急ぎ御二方を救ひ進らせん事專要なり此儀御兩所の力を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
料理してり食せけるに不思議や條七は五十日ぬに癩病の如く顏色も變り人交際も出來ぬやうに成ければおは仕濟したりと打び條七に打ひお前は入聟の身斯る業病になりては先祖ず早く實家へ歸りよとつれなくも言ければ條七も詮方なく前世の業と斷念るより外なしと女房娘を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
て送んとしに痩せ昔の腰圍にはあるまじとんとして躊躇するにも似たりしてこれは丁寧尚ほ足袋に及ぶ爪先までも心の屆きし事といふべし又次の歌は想ふ人を
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
娼婦の涕は紅涙とへられ、狼心の偽捨は慈悲とへらる。
哀詞序 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
人間を高うするものも、人間をうするものも、義人をすものも、盗児を生ずるものも、その原素に於ては、この熱意の外あることなし。
熱意 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
夫人の美しさをへると同時に、夫人の態度を非難する嵐のやうな世評の中に在つて、夫人の本当の心、その本当の姿を知つてゐるものは、美奈子と直也の外にはなかつた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)