双面神そうめんしん
無理やりに父の隣に坐らされた千種は、広い食堂の一隅に設けられた婦人連の席へ、僅かに晴れがましい微笑を投げてゐた。 芝公園の深い木立の中の、古風な、しかし落ちついた西洋料理店である。 羊頭塾三十周年記念祝賀会御席といふ貼紙が、まだ眼に残つてゐ …
作品に特徴的な語句
あたゝま 交際づきあひ づくり うな はづ 下手まづ みぢ きよ じれ おとづ うつ うなづ がしら ノー 大形おほぎやう 下手げて 機会チャンス まゝ ぜろ はにか ことさ はづ 大海わだつみ あづまや くはだ かゝは 先達せんだつて くれなゐ まは くぢ くさ 華客とくゐ ふさ たゞ たゝ 交際つきあひ 篝火かゞりび 気負きを 億劫おつくう くは しき あぶ 杜撰づさん 同胞きやうだい 戸迷とまどひ ひぢ あはれ 悪戯いたづら 悪寒をかん しよ 躍起やつき 弾機バネ 西川にしかは やせ まば 甲板デッキ 相容あひい みを ふん 椎野しゐの こん 松下まつした おそ 義兄にい 昨夕ゆふべ 新島にひじま そばだ 船暈ふなよひ 荘司さうじ たち かうむ しん 対手あひて 夕陽ゆふひ おほやけ あたま しやべ うなじ さへぎ かへり しゆん 頑張ぐわんば つら 飛魚とびうを 固唾かたづ つまづ 基隆きいるん 飾緒かざりを ひと 含嗽うがひ 吝嗇けち