業平文治漂流奇談なりひらぶんじひょうりゅうきだん
序 むかしおとこありけるという好男子に由縁(ゆかり)ありはらの業平文治(なりひらぶんじ)がお話はいざ言問わんまでもなく鄙(ひな)にも知られ都鳥の其の名に高く隅田川(すみだがわ)月雪花(つきゆきはな)の三(み)つに遊ぶ圓朝(えんちょう)ぬしが …
作品に特徴的な語句
っし うわし もえ くれ しべ ぼつ ほろ わっちゃ 化粧みじめえ よろ 退ずら しね 此方ほっひ すく わりゃ ぶて たお じゞい 此方こっひ ほり ともれ ちゃん てまえ もの 大概たいげい いさ たっ ねが 仕舞しめえ ひど 強請ゆすろ こっ 逡巡あとびさり はした ぶた さめ しるし たゝ 若衆わけいしゅ 交際つきえゝ きのう くれ どん ぐれ かっ 逡巡あとずさ くす つッつ 先達さんだつ よわ さしはさ 親父ちゝ あん たゝ 突立つッたッ 顛倒ひっくりけ ぐれえ っかあ 顛倒ひっくり とっく せい おっ あったか かゝわ 今日こんちや もっ 燈火あか 母様ふくろさん 容貌みめ おの へい はま こげ ひけ なだ わずろ あや こり 化粧おしまい ねか おっし 打合たゝきあ じか あけ くろ わっち おいし ほざ 商家あきんど 突張つッぱっ とゞま ねえ