“母”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かあ40.4%
はは11.5%
10.9%
っか9.1%
つか5.1%
はゝ4.9%
ふくろ3.0%
おっか2.6%
かか2.2%
かゝ1.5%
っかあ1.2%
があ0.5%
おふくろ0.5%
おや0.5%
はヽ0.4%
0.4%
0.4%
おつか0.4%
っかア0.4%
ハラ0.4%
ムツタア0.2%
おも0.2%
オモ0.2%
おっ0.1%
ちゝ0.1%
はば0.1%
かヽ0.1%
ツか0.1%
ママン0.1%
おつかあ0.1%
おれ0.1%
かかあ0.1%
かア0.1%
がが0.1%
なか0.1%
はら0.1%
0.1%
ひと0.1%
ふく0.1%
をや0.1%
アモ0.1%
カア0.1%
ッか0.1%
マザア0.1%
マザー0.1%
マ・メール0.1%
メール0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いままで、小学校時代に、よくんだだちが、それぞれ学校へゆくのをると、うらやましく、おさんにはわれました。
子供はばかでなかった (新字新仮名) / 小川未明(著)
「いい子供まれて、親木は、それで満足して、れていくんですよ。人間も、かわりはありません。」と、はいわれたのです。
親木と若木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「お時さんの子や」とか、「あんな若いおんあれへん」とか言つて、自分をせびらかした。其の中にはお時さんの弟も混つてゐた。
父の婚礼 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
「おじさんの家の焼けた年、お産間近に、おさんが、あの、火事場へ飛出したもんですから、そのせいですって……私にはが。」
縷紅新草 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
もう、ずつとずつと以前、まだあたしが小さくて、おさんのそばにゐた頃に、あのお家のことで、なんか、それはそれは怖い物語
紅鯛綺麗なり。のお買初めの、眞夜中、うつくしきに、新版繪草紙つてもらひししさ、し。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
... 長谷川町梅廼屋といふ待合を出したのです」「へえーさうでございますか」それぢやア梅廼屋のおに聞けば塩原の事はしくる。
塩原多助旅日記 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「兄さんやさんと一緒に東中野にいます。さんはむかし小石川の雁金屋さんとかいう本屋に奉公していたって云うはなしだワ。」
申訳 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
わしはまた此のごろほど、世の中がうれしゅうて面白うてならぬ事はないのじゃに……さん、若殿様をついひょんな浮気心でわしを
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
ヂュリ れぢゃぶは? さまからぬ。うまでらいでか、うからしてか? 何事があって、えたやら?
其のにゃア様子も解るだろうから……己は早くっておにも悦ばせ、借金方を付けて、質を受けて、の着物も持って来るから
文七元結 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
昨夜、土ぁ、みだぢゃぃ。」嘉ッコはしめった黒い地面を、ばたばた踏みながらひました。
十月の末 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「でも、そうやって江戸中を歩いていりゃあ、壺も壺だけれど、に逢えるかもしれないね」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
しい! 不用けゃ三円も上げんばかりだ。泣くな、泣くな、可いじゃないか母上さんの方からでもない子でも無いというのなら、かたもないさ。無理も大概にしてわんとな」
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
さまとならではおにもかじ、觀音さまのおりもいやよ、芝居花見さまならではと一トもとのかげにくれて
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
にも何度も頼んでみたんですが、今じゃお父よりもおのほうが意地を張って、けしかけているような始末です。
凍雲 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
解脱の坂 というのでその解脱〔仏〕母の坂を登って行くと右側にノルサン(善財童子の住んで居る峰という意味)
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
今年の四月頃から懐妊の気味で、其の前から出るのるのと言つて居たが、愈々上京の話が決ると、『ばかり置いて行くのかえ、さん』
(新字旧仮名) / 田山花袋(著)
と私の志を述べて、暫く命をらえて、己になり代ってのおに孝行をして呉れるようにくれ/″\も後々の事を頼む
郎女樣のお從兄惠美の若子さまのお樣も、當麻眞人のおぢやげな——。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
の方へ行つてゐるのかとばかり思つてゐたらこんなところにゐたんだつてね!」
鶴がゐた家 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
ここに𧏛貝比賣きさげ集めて、蛤貝比賣待ちけて、乳汁と塗りしかばしき壯夫になりて出であるきき。
この意味はお母さんにも兄さんだし、私にも兄さんだし、さうして私の亭主だ、と言ふ事でせう。それで「にもせ、我にもせ、若草我つまはや」
国語と民俗学 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「したくはないが、御前がかさんの云う事を聞いておくれでないから……」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「これで二ヶ月も三ヶ月も魚ば喰つたことねえべよ、。——馬鹿にしてる!」源吉はこはい聲を出した。
防雪林 (旧字旧仮名) / 小林多喜二(著)
、いたこッて何んだ?——山利さいたこ来てな、今日おばおろして貰ったけな、お父死んで、火の苦しみば苦しんでるんだとよ。」
不在地主 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
「島田さん、おさんがお約束の林檎を御馳走しますからいらツしやいツて」と云つた。
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
ロシアからパリへかえって来たと思うと、もうニイスへ行くために「三十六の手荷物のために死物狂いになるまで私を働かせる」
「何だ手前は毎晩四の橋へ密売に出るくせしやがつて……」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
が死んだに二度添でも這入って憎まれ口をきいてめられると憫然だから、大事にしてに成り代って丹誠して呉れと云うから、なにお心配しなさんな、己が受合ったから
あれが暮に除隊になって来るってなし、どんは今から騒ぎ廻って居るのえ。花嫁様、さがすべえし、もうけ口さがすべえしない。百姓には、したくないちゅうてなし。中学出したからですぺ。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
亀戸にいたんだけど、さんが病気で、お金がるからね。こっちへ変った。」
寺じまの記 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
この通り、俺家ど言うもの、稼ぐ者ってば、俺とお前ばかりだべ。は母で病身だし、は、年寄りわらしばんだ。——そして、貴様になど、どんなことあったって、受かりこなどねえんだ。
緑の芽 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
孝陵の山川は、其のに因りて改むるれ、天下の臣民は、哭臨する三日にして、皆服をき、嫁娶を妨ぐるなかれ。諸王は国中にきて、京師に至るれ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
郎女様のお従兄恵美の若子さまのお様も、当麻真人のお出じゃげな——。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
お通ははっと思ったが、自分の家へ夜昼なしにやってくる隣家のお信おさんを疑いたくはなかった。
錦紗 (新字新仮名) / 犬田卯(著)
も知っとるはずじゃが、あの知事の東郷、な、がよくけんかをしたあの母御な、どうかい、あのが肺病で死んでの、一昨年の四月じゃったが、その年の暮れに、どうかい
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
さすが、先生だけにお察しは早えが、なによりわっしが知りてえのは、おろのことなんですよ。
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
先にけてか林の草原を濡れつゝ母子ありは三十四五ならんが貧苦にれて四十餘にも見ゆるが脊に三歳ばかりの子を負ひたりに歩むは六歳ばかりの女の子にて下駄を
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
母及び妣の国を懐しんで「がま」と言つたのが、「あんがまあ」となつてゐる。宮廷女官の称号であつた「あむしられ」は「知られ」と言ふ義である。
ちゃんに甘へてや居む。
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
かねて平田に写真を見せてもらッて、その顔を知ッている死去ッたおさんも時々顔を出す。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
アヽ、梅子さん、何卒我国にける、社会主義のとなつて下ださい、となつて下ださい、是れが篠田長二畢生の御願であります
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
日本に帰化した米国の宣教師で、彼女は横須賀に永住して海軍々人の間に伝道し、葛城も久しく世話になって「」と呼んで居た人で、お馨さんの病死の時は折よく紐育に居合わせ
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
カソリックの尼僧学校だったから、尼僧の校長はとよばれ、これも尼僧の教師たちは姉妹とよばれ、服装もきびしくて、夏でも黒い長靴下をはいていなければならなかった。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
何週間も何週間も、仏語の「」さえ覚えられずに泣いていたところへ、ふいに自分の知らぬ単語まで造作なく動詞でつなぎ合せて話しているのを見ると、少女はたまらなくなったのでした。