“なか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ナカ
語句割合
39.7%
13.0%
8.0%
7.4%
5.8%
内部4.1%
3.7%
2.2%
2.2%
吉原1.5%
那珂0.9%
0.8%
0.8%
家内0.7%
室内0.6%
交情0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
中央0.6%
0.4%
0.4%
屋内0.3%
廓内0.2%
仲町0.2%
情交0.2%
内容0.2%
那賀0.2%
中間0.2%
北廓0.2%
0.1%
中心0.1%
0.1%
監獄0.1%
中部0.1%
0.1%
内側0.1%
場内0.1%
0.1%
新吉原0.1%
0.1%
背中0.1%
邸内0.1%
関係0.1%
奈加0.0%
仲裁0.0%
獄中0.0%
〻中0.0%
中旬0.0%
中期0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
内核0.0%
内陣0.0%
区内0.0%
名香0.0%
0.0%
境内0.0%
0.0%
室中0.0%
家中0.0%
帳内0.0%
0.0%
0.0%
戸内0.0%
昼中0.0%
0.0%
書中0.0%
0.0%
0.0%
稼業0.0%
空気0.0%
胎内0.0%
0.0%
車内0.0%
部屋0.0%
門内0.0%
間柄0.0%
院内0.0%
0.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紅鯛綺麗なり。のお買初めの、眞夜中、うつくしきに、新版繪草紙つてもらひししさ、し。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
しからず、親に苦労を掛ける。……そのくせ、他愛のないもので、陽気がよくて、おがくちいと、うとうととなって居睡をする。
二、三羽――十二、三羽 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
つまりばねたみ心から、若者の一挙一動を、ラッパを吹きながら正面を切った、その眼界の及ぶ限り、わば見張っていたのである。
木馬は廻る (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
父親相当地位大宮人で、狭間信之母親はたしか光代、そして雛子夫婦一粒種のいとしだったのでした。
われを君がし給ふれ、われは君のいづこにすかをへず、また見ず、また知らず、この涙にるゝを君の方に向けたり。
頌歌 (旧字旧仮名) / ポール・クローデル(著)
硝子の窓から内部いてみると、底にはふくよかな脱脂綿があって、その上に茶っぽい硝子のようなものが散らばっている。
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
成程左様言はれて見ると、少許も人をれない。白昼ですら出てんで居る。はゝゝゝゝ、寺の光景は違つたものだと思つたよ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
次第に黒くなりまさるの如き公園の樹立に言ふべからざる森厳の趣を呈し候、いまにも雨降り候やうなれば、人さきに立帰り申候。
凱旋祭 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
室から室を忍び歩く足の感じと時折照す懐中電燈の光だけで、スパイダーはの中の様子をあらまし頭のにたたみ込んだ。
赤い手 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
吉原で鳴らした藝者の小稻、去年の秋宗次郎に捨てられ、氣が狂つて自分の子を殺して、自分も身を投げて死んだことは御聞きでせう
海に河童のいる話は、この明石のカワカムロと、もう一つ常陸の那珂の港の海で河童をとった話が『善庵随筆』に書いてある。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
わたしは平生文学を志すものに向って西洋紙と万年筆とを用うることれと説くのは、廃物利用の法を知らしむる老婆心に他ならぬのである。
十日の菊 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
それくらいなこと誰でも分りきっていることのようで、実はなかなか琵琶の横木ほども、おに据えていられないのが人間でございますまいか。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
警官達は一斉に背戸口から家内へ這入ろうとした。すると、却って背戸口を、家内の方から押し開けて、背戸畑へ出た男がある。
死の復讐 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
と、いった闇太郎、室内にはいって火鉢を掻きたてて、付木に火をうつすと、すぐに行灯がともされた。ぱあっと上りはなの一間があかるくなる。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
こう云うたかて、多一さんと貴女とは、前世から約束したほど、深い交情でおいでる様子。今更ではあるまいけれど、私とは不思議な御縁やな。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
懸賞百兩とて其日から河にどぶん/\込む者が日に幾十人さながらの水泳場現出したが何人も百兩にありくものはつた。
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
遣ってくれと言うから、いて来たのに不思議はありますまいとしたもんです。議論をしたっておッつかない。
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
不等辺三角形をしたその国のほどのところを、青ペンキ色に塗られたダニューブの河が流れている。
墓地展望亭 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
目をつぶって腕組みした白髪童顔の玄鶯院を中央に、十五、六の人影が、有明行燈の灯をはさんで静まり返っていた。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
グアルテロッティもイムポルトゥーニも既に榮えき、もし彼等に新なる隣人りせば、ボルゴは今愈〻よ靜なりしならむ 一三三—一三五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
んでもえ、最早乃父も問わんから、サア奥へ帰るがえ、』としく言った言葉は少ないが、慈愛にて居たのです。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
家のには、この長屋に用もありそうのねえ、りっぱな駕籠が、止まっているし、屋内にはまた、抹香くせえお談議が始まっていらア。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「中屋貫三郎の請出した誰袖華魁なんかは豪勢ですぜ、千兩箱を杉なりに積んで請け出し、廓内から馬喰町四丁目まで、八文字を踏んで乘込んだ」
「少し凉し過ぎるが、良い日和ぢやありませんか。これから直ぐ正燈寺へのして、刷毛序仲町を覗きたいくらゐのもので」
もと居たの方では、誰も知らないもののない壮太郎との情交が、鉱山の人達の口から、薄々旦那の耳へも伝わってから、金の受渡しが一層やかましくなって
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
江戸川乱歩さんの有名な小説に『陰獣』というのがありますが、あの内容紳商小山田夫人静子が、平田一郎という男から脅迫状を毎日のように受けとる件があります。
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
柿本人麿が石見の国から妻に別れて上京する時詠んだものである。当時人麿は石見の国府(今の那賀下府上府)にいたもののようである。妻はその近くの(今の都濃津附近)にいた。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
ひとりいふ、クリストの受難の時は、月退りて中間てしため、日の光地に達せざりきと 九七—九九
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
北と言えばさしずめ北廓だが、手前と銭は敵同士、やっぱり山谷の伯父貴の家でお膳の向うで長談義にれを切らしたとしか思えねえじゃねえか、え、こう、勘。
もしおの子供に傷でもついたら、どうなさいます? 姙娠中は転んでも危険だというじゃありませんか。
幻の彼方 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
闇太郎と菊之丞——名乗り合ったことはないが、以心伝心、雪之丞を中心にしてもうとうに、其の底まで読み合っている。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
今迄宗助じた御米は、撩亂するつてさへ、めていてゐた。さうしてきの大部分矢鱈かさないらきからたとしかはれなかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
監獄にいるお前に「お守り」を送ることをするようなお前の母は、冬がくると(この寒い冬なのに)家中のものに、二枚の蒲団を一枚にさせ、厚い蒲団を薄い蒲団にさせた。
母たち (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
零落し果てた青年が、冬空に、浴衣を引ッ張って、親、兄弟の家に、そっと裏口から、合力を受けようと忍び寄って、中部の歓語にはいりかねていたその折、合壁から、泥棒よばわりを
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
ソノハナハダ白カリシカバチニ染著ノ心ヲ生ジテ即時ニ堕落シケリ、ソレヨリク煙火ノ物ヲ食シテ鹿域立却レリ
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
厳重にざされた戸口の扉が、その時忽然内側から開き、長い廊下が現われた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
歩いて行く両側は賭場ばかりで、場内からは景気のよい人声などが聞こえて来た。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
巧雲は茶碗を受けて天目台に乗せ、を白絹で拭いた。そして、如海へささげ出すと、如海の指と女の白い指とが、碗をだちにして触れあった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「この夏、新吉原の女郎の心中はよく売れたそうじゃありませんか、二人とも死んだことになってるが、女郎のほうはまだぴんぴんしているし、あの瓦版のおかげで、たいそうはやってるそうですからね」
へちまの木 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
一は、んで、徳蔵さんの背中につかまって、荷掛けにをかけ、をぶらんとげました。
とびよ鳴け (新字新仮名) / 小川未明(著)
? 何いってやんでえ、俺はな、いま邸内へへえって用人にも殿様にも会って来たんだ。これが饗庭の屋敷でねえなんて、ぼやぼやするねえ。手前はなんだな、夢でも見ていやがるんだろう。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
朝から晩まで戸外に居るが、その後妻のお兼とお柳との関係が兎角面白くないので、同じ家に居ながらも、信之親子と祖父母や其子等(信之には兄弟なのだが)とは、宛然他人の様に疎々しい。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
「——お奈加、お奈加。なにをまた日吉とき合うているのだっ。見ッともない。自分の子とって、泣いているたわけがあるか」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「まあ、誰かと思ったら、中村のお奈加さんの息子だね。お前さんも、そんなに自分の子みたいに怒鳴ってみたって、仕方がないじゃありませんか。——可哀そうに」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
山界の争い事から其の浪人者が仲裁に入り、掛合に来ましたのをかしめて帰した事があります、其の争いに先方山主が負けたので、礼も貰えぬ所から、それを遺恨に思いまして
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
大藏は織江を存じておりますから喧嘩の仲裁へ入りました事でございます。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
この一月程、一回の音信もせず、面会にも差入にも行かなかった松枝に対して「獄中」では可なり焦燥を感じているらしかった。
鋳物工場 (新字新仮名) / 戸田豊子(著)
今の松枝がどういう気持で仕事をしているかということを「獄中」へ言ってやらなくてはならない、そういう手紙が多分握り潰されるだろうことがわかっているにしても。
鋳物工場 (新字新仮名) / 戸田豊子(著)
石鹸氣取りたるもふめり、おぬひは桂次未來にとりもの〻中薄藤色繻袢ぬきの牡丹花あるをやりけるに、これをめし桂次
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
山林の夏出しに馬をやはり持って行っていたもの……それ等が九月中旬過ぎると、みんな帰ってきた。
不在地主 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
室町の世の初期ごろには、御所の直轄で、紺灰座奉行をやっておりましたが、中期頃から民営になりまして、紺灰座問屋というのが、この京都に三軒とか許されていたものだそうです。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
詮ずるに自他の悲しみを此胸一つに收め置いて、らん後の世まで知る人もなき身の果敢なさ、今更是非もなし。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
休道詩人無艶分 詩人艶分しと
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
お庄はそのへ割り込んで行くことも出来なかったが、そのままそこを出る気にもなれなかった。幾度も声をかけようとしたが、咽喉きついているようで、声も出なかった。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「いや、この大陸のずうっと内核へゆきたいんだ。コンゴのイツーリからずうっと北へ——僕は、未踏地帯にゆく」
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
茶話記者がある時大和の久米寺つたことがあつた。本堂の蔀格子につかまつて内陣を覗き込むでゐると、後ろから
要害といえばこれだけで区内に三つの曲輪があって、東曲輪、西曲輪、中曲輪と称されていた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
音讀して美しい字面をめて日光山となつたのは、たとへば赤倉温泉の名香の字で填められ、名香を音讀して妙高山となり、今日では妙高山で通るやうになつたと同じである。
華厳滝 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
赤城神社境内に阪東三江八ってお踊の師匠さんがあってね、赤城さまへ遊びにゆくと、三江八さんのところの格子につかまっていてばかりいたのさ。
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
かう降りつづいては、汽船のでも垂れこめて——
あるとき (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
室中で議論をしていましたか?」
西班牙の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
老臣は、しぶりながらも、家中へはいって行った。闇太郎は、あたりを眺めまわすように
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
帳内で灯っている燈の光で、橙黄色に見える紙帳が、武士の姿を朦朧と、その紙面へ映し、暗い部屋の中に懸かっている。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
前様の顔を一日見ねえば、ら百日も見ねえようでがんすよ……見ねえようでがんすよはおかしいナ……それに親父が婿を取れと云いやんすから、厭でなりやしねえよ、明日日待だから
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
是よりいたして雨の降るも風の夜も、首尾を合図におの計らい、通える数も積りつゝ、今はに棄てかねて、其のの如くなり。
く貧乏なんですよ。市外の会社に勤めて居る弟——折折昼中に尋ねて来て、正午の食卓に就くことがあるでせう——あの弟が姉思ひで、月給のからいで居るんですよ。」
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
あるの、あのにも。あいだは、昼行燈でも、昼間の月でも、かまやせん。えば、この蓼にしても馬さえ喰わぬが、土壌の恩と、陽の恩には、ちゃんと報じておる。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その場を体よく、夫の視線避けけるも、書中の子細のまるるを、先づ秘かにと思へるなるべし。
移民学園 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
孝陵の山川は、其のに因りて改むるれ、天下の臣民は、哭臨する三日にして、皆服をき、嫁娶を妨ぐるなかれ。諸王は国中にきて、京師に至るれ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
聞んと長八の最早長八殿は歸られしやと云に女房をして居たりしが振返りオヤ何誰かと存じたら長兵衞さん先々此方御上されよとて此程中の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
この稼業で惚れた腫れたで一緒になったものは兎角お互に我儘が出て、末始終を添い遂げられるものでないからね、お前もよくそこのところを考えて海上さんに身請され、気楽に暮すが当世だろうぜ
芸妓は世間を広く知っていなければいけない。そして華やかな空気にいなければならない。地味な世界はに沢山ある。遊ばせるという要は窮屈ではいけない。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
わたくしのお胎内の子供も良人が遠洋航海から歸つて來るまでには産まれる筈です。わたくし敏ちやんの暗い運命を思ふ時慄然として我が子を産みたくありません。
業苦 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
それから半年ほどたつた、ちの一万二千三百七十五の△△債劵仲買人をて、ある田の大地主つてゐた。
(旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
「よく面倒を見て下さいよ。」と、車掌が車内へ私を抱き載せる時に、ベシーは、彼に叫んだ。
「じゃあ、部屋へ入りなさい!」そう言うなり家政婦は、くるりと向うむきになって彼に背中を見せたが、その背中には何かの粉が一杯ついていて、少し下の方に大きなろびが出来ていた。
落語種子にでもなるであらうとじまして、門内這入つて見ましたが、一汁粉店らしい結構がない、玄関正面には鞘形てありまして、欄間には薙刀
士族の商法 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
そうして、いつとなく思い出さえも薄らいでしまって、今ではフローラも、慈悲太郎の唇を、おのが間にはさむような間柄になった。
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
只一つの心当りにしている客機(宿屋)をやっと見つけ出すとその院内へずっと進んだ、すると院内にごろごろしていた犢牛のような野良犬が一番に吠えながら私をとりまく
怪談 (新字新仮名) / 平山蘆江(著)