故郷七十年こきょうしちじゅうねん
神戸新聞は今年満六十年を迎えるという話である。人間でいえば還暦というわけであろう。ところが初めて私が生れ故郷の播州を出て関東に移ったのは、それより十年以上も古い昔のことであった。それから私の心身がだんだん育って行くにつれ、私の眼が全国的に拡 …
作品に特徴的な語句
しょう やどる しげ 河童かわらべ 大君おおじ えん こう 養父やぶ 海神うながみ まじない しょ 水神みずしん 横行よこゆき 国造こくぞう 急須きびしょ 鼻汁ばな よろひ 蒲葵こば 別名べつめ 石神せきしん かが つがい でん 口説くどき がら やわら 国府こふ 大内おおち 川辺かわなべ 小河おうご いも 三浦みうれ 鹿 ふう くだ 長束ながつか とう 鎮子しず 鉾田ほこだ こし 谷中たになか じゃ 芥田けた ねぶ 的形まとがた なま 水沫みなわ 歌口うたくち とが ひさかき 映丘てるお 日置へき 日出ひじ ばち 引割ひきわり 宿しゅく まな かか 太尾ふとお 万代よろづよ 上坂うえざか 中所なかじょ 中町なかちょう 光葉こば 初学ういまなび 千束ちづか 吉田よした 吹抜ふきぬき 和歌わか 唐糸とういと 営口エイコウ 坂越さこし 大嘗おおなめ 大門だいもん 大東おおひがし 大谷だいや 與人ユウンチュ 紅殻べにがら 網場あじば 網干あぼし 縁由ゆかり 繰屋くりや 纓絡ようらく けい 美郷よしさと 羽中はなか 英賀あが 芳宜はぎ 若子わくご やす