“海神”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
わたつみ33.3%
かいじん27.8%
わだつみ11.1%
うながみ5.6%
わたつみのかみ5.6%
ウンヂヤミ5.6%
ポセイドン5.6%
ワタツミ5.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“海神”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学14.3%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]5.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
海神わたつみの宮の話があると、それはどこかの地方的勢力、または海中の島国のことであると考える。
神代史の研究法 (新字新仮名) / 津田左右吉(著)
恋があり夫婦があり親子があった海神わたつみの国が、地上的な不完全さを漸次払い落とし、煩悩なき浄光の土の観念を漸次取りいれつつ、ついに海底の国より天上の世界に発展して来たのである。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
切々たる哀音は、みことを守って海神かいじんに身をにえささぐる乙橘媛おとたちばなひめの思いを伝えるのだった。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
梅雪入道ばいせつにゅうどうくらからおりて、海神かいじんやしろ床几しょうぎをひかえた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また緑野の花は見じ。——ああ、海神わだつみのたか笑ひ
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
氷雨ひさめうみ海神わだつみは、
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
イナサのイナというのは、万葉集など古い書物にたくさん出てくる海原うなばら海神うながみ海界うなさかなどという海の古語、ウナがイナになったもので、海のことである。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
稲飯命は「あゝ、わが父祖は天神あまつかみ、わが母は海神わたつみのかみであるのに、何故にかくも我を陸でも苦しめ、海でも苦しめるのであるか。」と仰せられて、剣を抜き持ちて海中に入り給うたとあるが、このお歎きは、天皇のお歎きであつたであらう。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
なるこ神・てるこ神と言ふ二体の、聖なる彼岸の国主とするのもあり、唯の一体の海神ウンヂヤミとする処もあります。
翁の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
案内者の一人答へてララが事にて候ふや、海神ポセイドンのほとりにやあるらん、常に彼處にあることを好めばといふ。
我等は海神ポセイドンの前に立てり。
時々、首を擡げて見やると、壱州イシユウらしい海神ワタツミ頭飾カザシの島が、段々寄生貝ガウナになり、鵜の鳥になりして、やつと其国らしい姿に整うて来た。
雪の島:熊本利平氏に寄す (新字旧仮名) / 折口信夫(著)