雪の島ゆきのしま熊本利平氏に寄すくまもとりへいしによす
志賀の鼻を出離れても、内海とかはらぬ静かな凪ぎであつた。舳の向き加減で時たまさし替る光りを、蝙蝠傘に調節してよけながら、玄海の空にまつ直に昇る船の煙に、目を凝してゐた。艫のふなべり枕に寝てゐて、しぶき一雫うけぬ位である。時々、首を擡げて見や …
作品に特徴的な語句
コト タノモ フレ アグ ホカ ソバ ゴク カソ マウ オコナ ウヘ ナサケ 大海オホウミ ギヤウ サカ 巫女イチ ハヤ アネ バシラ ウラ 無言ムゴン タチ ウチ ジマ 言出コチヅ 海神ワタツミ 夕陽ユフカゲ 地方ヂカタ 聖母シヤウモ 水子カコ モト カゲ ネン 新城シンジヤウ 漁師レフシ モト カハ 他国タビ シン ウシトラ 山陰ヤマカゲ 暗礁カクレバエ 命婦イチ 懺悔サンゲ モタ 本居モトヰ 海部アマ 軍越クサゴエ 頭飾カザシ ノゾ 一触ヒトフレ 芸道ゲイタウ ふなべり 神瀬カウゼ 一荒ヒトア 町方マチカタ 家船エンベ 流人ルニン 小崎コザク 麦谷ムギヤ 秀手ホツテ 吼噦コンクワイ 壱州イシユウ 寝敏イザト 年縄トシナハ 殿川トノカハ 渡良ワタラ 物成モノナリ 艙牕ふなまど 直会ナホラヒ 職神シキジン