“棄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
87.7%
すて5.5%
ちゃ3.1%
すつ1.8%
0.6%
0.3%
うつ0.3%
ずて0.3%
ウチ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
茫然してると、木精ふぜ、昼間だつて用捨はねえよ。)とるがてたが、つてれた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
マッチも出て居たろうけれどもマッチも何も知りはせぬから、ストーヴで吸付けた所が、どうも灰吹がないので吸殻る所がない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
「まあ/\、何とかそこのところを都合つけてくれ。この通りもう腰が立たないんだから、って置けば凍え死んでしまう」
一年の計 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
そのるところのものは、形体に属する財物か、または財にひとしき時間、心労にして、そのとして得るものには、我が情を慰むるの愉快あり。
教育の目的 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
静が産んだ義経の子は、吾妻鏡だと“——台命ニ依ツテ由比ヶ浜ニテシム”となっている。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここに大后いたく恨み怒りまして、その御船に載せたる御綱栢は、悉に海に投げてたまひき。かれ其地に名づけて御津といふ。
「年長く病みし渡れば、月ね憂ひひ、ことごとは死ななと思へど、五月蠅なす騒ぐ児等を、ててはは知らず、見つつあれば心は燃えぬ」
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
右の肩に賜うと云う字があるのを見落した上に後藤さんの名前がぎるのでつい失礼をしたのである。後藤さんも清国皇帝にって、こう小さくに書かれちゃたまらない。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
あまんしやぐめが、其邪魔をしようと、一番鶏の鳴きまねをした。たけたの番匠が「けいまぎ(掻い曲げ)うっちょけ(置け)」
雪の島:熊本利平氏に寄す (新字旧仮名) / 折口信夫(著)