“自棄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やけ97.1%
じき2.4%
ヤケ0.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「近頃これがまた自棄やけ流行はやるんだってね——総領は尺八を吹くつらに出来、ってね——川柳点せんりゅうてんにはうまいのがあるよ」
——自棄やけで、その晩、何としてもうちへ帰れないまゝ、平生ふだん贔負ひいきにしてくれる浅草の待合へころがりこんでしまった奴である……
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
宇治の行為に対しての反感、それにも拘らず宇治に従おうとする自らの弱さ、それらに対する自棄やけな反撥が燃えるような彼の眼にあらわれていた。
日の果て (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
清原 (自棄じき的に)僕はもう嫌になっちゃったんだ! もう僕あ、こんな大それた計画からは手を引きたくなったんだ!……ねえ、そうだろうじゃないか、小野。
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
宗助そうすけこの一語いちごなかに、あらゆる自暴じばう自棄じきと、不平ふへい憎惡ぞうを
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
——かれは冒険ぼうけんとも自棄じきともつかない気持ちで、自分自身をはげましたのだった。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
その後は、自棄ヤケになって
中村仲蔵 (新字新仮名) / 山中貞雄(著)