“自棄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やけ97.2%
じき2.4%
ヤケ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
暗に嫁のお冬と言はないばかり、無事な右手に握つた煙管で、自棄に灰吹を叩きます。成程福島浪人と言ふのは嘘でなかつたでせう。
中田は、なぜそんなところへ行ったのか、我ながらハッキリとした憶えはないのだが、てに、あらゆるものに、自棄を味わった彼は
自殺 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
その後は、自棄になって
中村仲蔵 (新字新仮名) / 山中貞雄(著)