“やけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヤケ
語句割合
自棄62.7%
自暴27.4%
3.3%
1.5%
1.5%
自暴自棄0.8%
自狂0.5%
類焼0.5%
無暗0.3%
0.3%
嫉妬0.3%
少々自棄0.3%
0.3%
0.3%
自葉0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一方の男ふたりは無事で、友之助は自棄酒を飲みながら、相変らず役所へ勤めていた。吉之助はとどこおりなく学校にかよっていた。
有喜世新聞の話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
だが、宮津文珠の荒侍——命知らずをすぐッて来た京極方もなかなか退かぬ。自暴と遺恨と衆をんで、新手新手を入れ代えてくる。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
を起してあくる朝、おまんまを抜きにしてすぐに昼寝で、日が暮れると向うの飯屋へ食いに行って、またりつけた。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しかし熟々見て点撿すると、これにも種々種類のあるもので、まずから書立てれば、口髭、頬髯興起した拿破崙髭に、の口めいた比斯馬克髭、そのほか矮鶏髭貉髭
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
おつぎは浴衣地めた。勘次筒袖單衣からた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
期待してられた絶望とが混淆紛糾した自暴自棄態度ておつぎをめた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
人間世界を捨てた様な此の身に宝などが要る者か、腹の中は全く自狂の有様である。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
神田から出た北風の火事には、類焼るものとして、戸前をうってしまうと店をすっかり空にし、裸ろうそくを立てならべておいたのだという、妙な、とんでもない巨大男店だった。
疲れる位お手伝をしてやっても、邪魔になって仕様がないそうだから、乃公は椅子に坐って見物していると、頻りに呼鈴が鳴った。無暗に鳴らす。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
身体は動くし、車の音はするし、馬方無暗に馬を叱るもんだから、なかなか寝られやしない。少しうとうとすると直ぐに目が覚めてしまう。そのに明るくなって来た。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「イヨーます引ましいぞ引。どうだ内海、エ、今の御託宣は。『文さんのような人が好きッ』アッらぬ堪らぬ、モウ今夜にゃ寝られん」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
これは、あんまり二人が仲よく茶を飲んでいるものですから、新鍋が嫉妬を起して沸騰をはじめたというわけではありません。
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
久一に、そんなものが解るかい」と老人が笑いながら聞いて見る。久一君は、少々自棄の気味で
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
博多画瓢坊の説に、明応七年兵燹にかかりて枯しを社僧祠官等歌よみて奉りたれば再び栄生せりといへり。其後天正の兵燹にもしこと幽斎紀行に見ゆ。左に一株の松あり。みな柵を以て囲む。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
みな煤煙にたような顔をして、少しも生々したところがない。たとえばどぶ溝の中の金魚のようなものである。
空中征服 (新字新仮名) / 賀川豊彦(著)
その時からわたしは自葉になりましたの。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)