剣難女難けんなんじょなん
生田の馬場の競べ馬も終ったと見えて、群集の藺笠や市女笠などが、流れにまかす花かのように、暮れかかる夕霞の道を、城下の方へなだれて帰った。 この丹波の国の年中行事となっている生田の競馬は、福知山の主催に …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ 覿面てきめん 夜叉やしゃ 深傷ふかで 美濃みの 脾腹ひばら 離室はなれ 気儘きまま 鬱憤うっぷん 天秤てんびん 祇園ぎおん 呂律りょりつ 峻烈しゅんれつ 立場たてば 喉笛のどぶえ 脱兎だっと 韋駄天いだてん 一期いちご 博多はかた なみ 化身けしん 烏滸おこ 足蹴あしげ 逐電ちくてん 秩父ちちぶ 仮借かしゃく まこと 幔幕まんまく 樹蔭こかげ 喊声かんせい 鉄漿はぐろ 殲滅せんめつ はく 籠手こて たちばな 緋縮緬ひぢりめん 芙蓉ふよう 冷汗ひやあせ 権柄けんぺい 無碍むげ 腹癒はらい 大喝だいかつ 目貫めぬき 岩魚いわな 度胆どぎも 淋漓りんり 為方しかた 発心ほっしん 蛆虫うじむし 飢饉ききん ろう 仄白ほのじろ 三度みたび 効目ききめ 襟首えりくび 大胡坐おおあぐら 瑕瑾かきん 見識けんしき 初手しょて 矢立やたて 緑青ろくしょう 重畳ちょうじょう 夢寐むび 白髪頭しらがあたま 禰宜ねぎ ござ 凡庸ぼんよう 錯覚さっかく 雑鬧ざっとう 錚々そうそう 二言ふたこと 俯瞰ふかん 木魂こだま 烏合うごう 叡山えいざん 愛宕あたご 南京ナンキン 笑靨えくぼ くわ 衣桁いこう 手数てかず 渺茫びょうぼう 外道げどう たお 気振けぶ 伽羅きゃら 猿臂えんぴ 闖入者ちんにゅうしゃ おか 一叢ひとむら 丑満うしみつ 倨傲きょごう 生唾なまつば 臙脂えんじ 縷々るる 熾烈しれつ 海嘯つなみ 酸鼻さんび 醗酵はっこう 二間ふたま