剣難女難けんなんじょなん
生田の馬場の競べ馬も終ったと見えて、群集の藺笠や市女笠などが、流れにまかす花かのように、暮れかかる夕霞の道を、城下の方へなだれて帰った。 この丹波の国の年中行事となっている生田の競馬は、福知山の主催になるものであったが、隣藩である宮津の京極 …
作品に特徴的な語句
ひん まど かえ みくだ づて ところ しお 事情わけがら みね みち おご 扮装やつ 嘲笑あざわろ ひざま 機会とき かぐ 美味あじ しも びたい もの めくる たやす 焦心せき おの きき えん 汝等わいら たわむ ぴら なぐさ かた じか かんば なぐ 揶揄からこ にっ わっし あでや 汝等ことら うぬ 膝行にじり かわ 情夫みそかお 武士さんぴん わか みまも かたえ すく しり 怪訝いぶかし づき われ あだ もろ 彷徨さすら 誘拐かどわ 眩惑めくるめ あま ごろも ごろ ずみ ぬかず たも えん なお ともしび 姉妹ふたり うし あい つれ おか けつ すさ つり たぶら 武士ざむらい 苛責せめ いっ 試合てあわ ため 謡曲うた ほっ 酒盃さけさかずき たかぶ あで ねげ 太刀どす 旅舎はたご