“燭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょく50.8%
12.3%
しよく9.5%
とも8.9%
あかり5.0%
ともしび4.5%
そく2.8%
あか1.7%
もゆ1.1%
あかし0.6%
0.6%
とぼ0.6%
ともし0.6%
ひとも0.6%
トモ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
瀟々、外の雨声ばかりで、寒室のは、油も凍るか、いとど火色も細い。火の気といっては、家康の側に、手炉一つあるきりだった。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
代筆とみえ、文辞もく、ただこんなふうに気負った言葉が書きつらねてある。武蔵は手紙を裂くと、それをにかざして焼いてしまった。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たま/\相見て西窓る娯しみを得ることもあつたが、然し其人々は皆白頭にして、わたくしとは職業を異にしてゐた。
来訪者 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
座敷に通ると冬子は、それも昔からのしきたりである海棠の樹の合間々々にす雪洞の用意をするために樽野夫妻を残して出て行つた。
鶴がゐた家 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
はつけてもいいのでございますけれど、わたくしはあなた様のお越しの日を見越していて、わざと燭ははぶいておりました。
花桐 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
若し夫れ然らばいかなる日またはいかなるぞや、汝がその後かの漁者に從ひて帆を揚ぐるにいたれるばかりに汝の闇を破りしは。 六一—六三
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
産屋洩る初日影より、臨終のの火までも
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
夜更けの大川はさすがに鎭まり返つて、最早絃歌りもなく、夜半過ぎの初秋の風が、サラサラと川波を立ててをります。
万暦閩中連江といふ所の人蛤をて玉をたれども不識これをる、の中に跳躍してず、火光里人火事ならんとき来りてこれを救ふ。
日が暮れると、彼女たちは彼のところにをもつてくる、まだ見たこともないやうな燭を。それから鐡兜のなかに赫いてゐる葡萄酒を。
茫々乎たる空際は歴史のの醇なるもの、ホーマーありし時、プレトーありし時、彼の北斗は今と同じき光芒を放てり。同じく彼をらせり、同じく彼れをらけり。
一夕観 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
あまり待ち遠だつたので左の耳のあたりにつかねた髮にしていた清らかな櫛の太い齒を一本いて一して入つて御覽になるといてごろごろと鳴つており、頭には大きな雷が居
扉が開いて※紗燈を持った少年をれて痩せた男が入ってきた。の燈は杜陽の眼にひどくきれいに見えた。
陳宝祠 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
をしてくにしてせしむ。令史ひて、にありなる匐隱れぬ。須臾してはやりてゆらりと手綱掻繰るに、したり、るべきものなし。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
左の御美豆良に刺させる、湯津津間櫛男柱一つ取り闕ぎて、一つ火して、入り見ます時に、たかれとろろぎて、八雷神成り居りき。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)