“あかし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アカシ
語句割合
明石36.4%
28.1%
6.7%
4.7%
燈火4.3%
3.2%
証明3.2%
証拠2.0%
1.2%
燈明1.2%
證明0.8%
明証0.4%
燭火0.4%
證者0.4%
赤石0.4%
仏燈0.4%
保証0.4%
光燈0.4%
反証0.4%
御灯0.4%
御燈0.4%
明白0.4%
灯明0.4%
灯火0.4%
燈灯0.4%
0.4%
確証0.4%
神光0.4%
証人0.4%
証言0.4%
証詞0.4%
證左0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
稲日野印南野とも云い、播磨の印南郡の東部即ち加古川流域の平野と加古・明石三郡にわたる地域をさして云っていたようである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
いや、争う場合に、切り落されるという例もままあるから、その指は、あまりにはならぬ。もっと重要なことは、女の髪油のいだ。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一座は固唾を呑みました。夕づく陽は縁側にって、棺の前のが次第に明るくなると、生温い風がサッと吹いて過ぎます。
彼は生命の新たなるころの力すぐれたれば、そのすべての良き傾向は、げにめざましきとなるをえたりしものを 一一五—一一七
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
家来ランプをして持ちり、置いて帰りく。)ええ、またこの燈火が照すと、己の部屋のがらくた道具が見える。
に吹きされて、荒草深い山裾の斜面に、万蔵法院のみの煽られて居たのに目馴れた人たちは、この幸福な転変に目を睜つて居るだらう。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
とある(希伯来書十一章三十六—三十八節)、是れ初代の信者の多数の実験せし所であって、キリストを明白に証明して
たゞ此の文と直江志津の一刀のみは鐘楼の鐘の下に伏せ置き、後日の証拠とし、世の疑ひを解かむ便とせむ心算なり。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
變なことをしちやつて爲にならねえ、默つて主人に取次いで、どうして鈴を集めたか、仔細を話してを立てなきア、何んな事になるか判らないぜ
見る間に不動明王の前に燈明き、たちまち祈祷の声が起る。おおしく見えたがさすがは婦人,母は今さら途方にくれた。
武蔵野 (新字新仮名) / 山田美妙(著)
よもや、慈悲太郎が聴いた、足音の明証を忘れはすまいな。だれか、早う、この者のを脱がすのじゃ
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
その明証こそ昨夜まざまざとに映った、父の腕ではないか。
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
居間燭火て! はれやれ、うなったわい、こりゃておうとはねばなるまい。……さゝ、おみなされ。
もっと燭火て、家來共! 食卓んでしまうて、せ、室内うなったわ。……あゝ、こりゃひがけん慰樂であったわい。
わが證者たれ、妙齡のブリセーイスに我觸れず
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
ヘーレーの、霹靂を飛ばす天王、證者たれ
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
堤に上りて下れば即海辺の石砂平遠なり。て是赤石の浦といふ。石上に坐するに都て土塵なし。波濤来りて人を追がごとし。海面一仮山のごときものは淡路島なり。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
赤石総門を出て赤石川を渡り皇子村を経て一里半大久保駅、三里半加古川駅にいたる。一商家に小休す。駅吏中谷三助(名清字惟寅号詠帰、頼春水の門人なり)来訪、頼杏坪の書を達す。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
藤孝は、仏間にはいって、信長の霊に誓の仏燈を捧げ、その日に、黒髪をろしてしまった。
六 ねがはくは一日も早く世界を見、世界のを読み、世界の刺戟と啓発によりてわがをあらため、生けるしるしある国の座に回生保証をあたへたまはんことを
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
新しく興り、新しく起ち、すべての旧態のから出て、この人間の世に、大きな幸福の光燈をかかげようとする青年のような意気が、七十をこえた法然上人にさえあった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なすっては、いけません。何といっても、お駒が、吉田屋さんへ奉公に上がっていたことのあるのは、事実ですし、それに、過ぎ去ったことではあり、いまとなっては、反証の立てようのないことですから——
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
なぜならば、ここまで来ればもう御座のあたりの賑わいも御灯の色めきもそれと洩れわれるはずであった。
明白を立てます立てますッて、ここまで連れて来るから、途中で小用も出来ずさね、早い話が。
菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「今ごろお出でになろうとは存じませんので、一人で仏壇にお灯明をあげていたところでした。さあ、どうぞこちらへおはいりくださいませ」
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
そもじの手は、もう動きませぬか、この白い、美しい臥床を選んで、いまこそ、そもじとは(八字削除)、フローラ、私はこの手で、そもじの灯火を消すまいと、腕を回しているなれど……
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
燈灯が消えかかるので、彼はそっとで風をかこいながら、そこの壁ぎわまで進んで行った。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日が暮れると、彼女たちは彼のところにをもつてくる、まだ見たこともないやうな燭を。それから鐡兜のなかに赫いてゐる葡萄酒を。
とはいうものの、藤吉とてもなにもお定——というのがその老婆の名だが——の死を主張するにたる確証を握っているというわけでもなかった。ただそんな気がするだけだった。
人形の紙をみ神光で焼くこと七たび、かくして、十満天の星をいのりますれば、兇難たちどころに吉兆をあらわして、どんな大敵にいましょうとも
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこでお前に頼みがある、お前はここに残ってわれのため後の証人となってはくれぬか
そればかりでなく、しまいには、こういう場合いつもよくある事で、ドゥーニャの弁解に召使たちが証言をしてくれました。
「あれは一つの証詞にすぎません。私にはから、この事件の起ることが予知されていたのです。云い当ててみましょうか。死体はたぶん浄らかな栄光に包まれているはずですわ」
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
清きことの證左となるものは意志のみ、魂既に全く自由にその侶を變ふるをうるにいたればこの意志におそはれ且つこれを懷くを悦ぶ 六一—六三
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)