武蔵野むさしの
この武蔵野は時代物語ゆえ、まだ例はないが、その中の人物の言葉をば一種の体で書いた。この風の言葉は慶長ごろの俗語に足利ごろの俗語とを交ぜたものゆえ大概その時代には相応しているだろう。 ああ今の東京、昔の武蔵野。今は錐も立てられぬほどの賑わしさ …
作品に特徴的な語句
びゃく いか じょう いと しゃく 詳細つまびらか 恰好かッこう ぜい 挙動こなし そうろ 容貌かおだち むれ 一途いッしょ 御主おのし 常習ならわし 児女わらわ さだ した 一途いっしょ 製作つくり 燈明あかし 婦人おなご おどし 歩行あるい 眼光めざし 遊客うかれお こがね 遠近あちこち おく えにし 常習ならい ごく まこと とど そら むな すぐ 和女おこと 道理ことわり こら あらた 東京とうけい 翌日あす 庖廚くりや 精神たましい わらわ 洞穴うろ 口惜くちお 海辺うみばた 濃藍こいあい かたぶ 発矢はッし 名残なご すい 下晡ななつさがり 打揃いでたち 朝餉あさがれい 手甲てこう 戦争いくさ なつ ちまた 下男しもべ はぎ こわ 魚目うなめ ちょう ふくろ 御目おんめ 亀鑑かがみ きずな 記章かたみ 今宵こよひ 平太へいだ ひき 燈火ともしび 詐偽いつわり かす 小櫛おぐし 小枝さえだ 権衡つりあい しもべ 宿鳥ねとり きざし うさぎ 身長みのたけ まこと
題名が同じ作品
武蔵野 (新字新仮名)国木田独歩 (著)