武蔵野むさしの
「武蔵野の俤は今わずかに入間郡に残れり」と自分は文政年間にできた地図で見たことがある。そしてその地図に入間郡「小手指原久米川は古戦場なり太平記元弘三年五月十一日源平小手指原にて戦うこと一日がうちに三十余たび日暮れは平家三里退きて久米川に陣を …
作品に特徴的な語句
ゆか 永遠エタルニテー 水溜みずた さかしま てん しず 幸福しやわせ さか かん 怜悧さか かえ おも むら 良夜りょうや 永久とこしえ あじ のぞ なつか 空合そらあ 田面たおも かがや 冒頭ぼうとう 湿うる 口吟こうぎん ほん 嗄声しわがれごえ おとな そよ はず 近郊きんごう 一頃いっけい 私語ささやき 白金しろがね 田圃でんぽ 甜瓜まくわうり きらめ らん 梢々こずえこずえ すすき 木末こずえ まが わか ぬぐ おろ にく めぐ むら 余波よは くさり じつ 光沢こうたく たぐ ゆる かく 隣家となり はぐさ 雄鶏おんどり まじ くさ くき 茅屋ぼうおく こけ 雨雲あまぐも にお かすみ そび 老翁ろうおう 羽虫はむし 静蕭せいしょう なび 一眸いちぼう からす くぼ 空車からぐるま 鷹揚おうよう 私語ささや 碓氷うすい 禿山はげやま
題名が同じ作品
武蔵野 (新字新仮名)山田美妙 (著)