“鎖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とざ56.5%
くさり23.6%
6.5%
5.4%
じょう1.9%
くさ0.8%
しま0.8%
ぐさり0.5%
ぢやう0.5%
とざし0.5%
チエン0.5%
0.3%
ささ0.3%
じやう0.3%
つな0.3%
0.3%
チェン0.3%
チェーン0.3%
チエイン0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かの旗手とともにこの物遠く紅の海邊に進み、彼とともに世界をば、イアーノの神殿さるゝほどいと安泰ならしめき 七九—八一
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
「なにが、無態だ。なんじらの馬鹿げた迷妄を、の勇をもって、ましてくるるのがなんで無態か。鍛冶を呼んで、を切らせろ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と入る。って、の鳥の乱れ姿や、羽掻めた袖を悩んで、のような戸をると、跣足で下りて、小使、カタリと後を
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
らな雪、枯枝をぶる風、手水鉢ざす氷、いずれも例年の面影を規則正しく自分の眼に映した後、消えては去り消えては去った。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
されどもは聞かざる真似して、手早くを外さんとなしける時、手燭片手に駈出でて、むずと帯際を引捉え、掴戻せる老人あり。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
波に千鳥をすかして、すかした所に紙が張ってある。このなかへ、どうしたらがつけられるのかと、先生は仰向いて長いりをめながら考えた。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
入れて、持って参りますと、って居て開かないばかりでなく、中でうめき声が聴えるじゃございませんか
笑う悪魔 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
鎌を、手元に持って、分銅に相手の刀を巻きつけた宍戸梅軒は、その鎖を張りながらいった。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
には、觀世綟もさゝず、一壓しにせばくものを、まで美少年自若たる態度けた。
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
豕がなかなか旨く門戸のを開くは、ただ猫のみこれに比肩し得る。ツーマー兄弟なる者豕を教えて二週間の後の在所を報ぜしめ、それより数週後に獲物を拾い来らしめた。
これが人間の作ったものかと思うと、物が云えなくなる位ステキなもんだぜ。そいつを索条でジワジワと釣り上げるだけでも、チョットやソットの仕事じゃない。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)
栓をってしまったゞ、店には忰と十七八の若い者と二人居るえ来て、声を立てると打斬ってしまうぞと云うから、忰も若い者も口が利けない、すると神妙にしろ、亭主は何処にいる
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
終日灰色に打曇りて、薄日をだにみてさざりし空はく暮れんとして、弥増す寒さはからず人にれば、幾分のぎにもと家々の戸は例よりも早くれて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
してくにも、も、どんな安心ならず……をさせば、此處大事つてあると吹聽するも同一ります。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
アイスキュロスは、舞台上で同時に用い得る声の数が限られている事に依て、そこで止むなく、コオカサスにぐプロメトイスの沈黙を発明し得たのであります。
鬱屈禍 (新字新仮名) / 太宰治(著)
門をめ、本堂のまでも下して、堂内に静坐し、十露盤を控へて、ぱち/\と数をめて行つたさうだ。
三郷巷談 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
たとえばツチの巨材をにかけて、前後四人で担ぐにしても、相手が腰を切ッても、ぼくには腰が切れない、又、よろけ勝ちになるなど、歯をくいしばッても一人前には出来ない事が多かった。
小僧「では……これでございます。このベルトがドンドン走りますんで。タンクの車輪の上を走るあの鎖ベルトと同じ様なものです。」
発明小僧 (新字新仮名) / 海野十三佐野昌一(著)
つた……隧道てのがある。普通我國一とへて、(代天工)と銘打つたとく、甲州笹子隧道より、いかもれぬ。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)