“くさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クサ
語句割合
43.7%
24.6%
20.7%
1.7%
1.3%
0.7%
腐敗0.7%
0.6%
0.6%
雑草0.4%
0.4%
0.4%
枯草0.4%
腐蝕0.4%
0.4%
0.2%
薬草0.2%
卑下0.2%
0.2%
悪臭0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
腐爛0.2%
腫物0.2%
0.2%
0.2%
蘗草0.2%
0.2%
0.2%
飼糧0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
茫然してると、木精ふぜ、昼間だつて用捨はねえよ。)とるがてたが、つてれた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
つた社會正當防衞つた大清潔法、それらを完全執行するには、死刑利用するよりほかにないとへた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
妙法寺の境内に居た時のように、落合の火葬場の煙突がすぐ背後に見えて、雨の日なんぞは、きない人を焼くいが流れて来た。
落合町山川記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
おれの著物は、もうすっかりって居る。おれのは、ほこりになって飛んで行った。どうしろ、と言うのだ。此おれは、著物もなしに、寝て居るのだ。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
いろいろの花をつないだの糸は、湖のまわりを一まわりしてもまだ余るほどで、は広い野原のにかくれて見えなくなっております。
ルルとミミ (新字新仮名) / 夢野久作とだけん(著)
彼はこう答えるが早いか、途方もなく大きいめをした。
彼 第二 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
死んでいるのもあれば、腐敗ってしまっているのもある。ゆえに書を学ぶ者にとっては、貝の表面だけである書家の書であってはならないのである。
仏蘭西の監獄が不整頓で不潔で、囚人の食事が粗悪で分量が少く、どの点から見ても日本の監獄以下であるという事や、何くれとなく仏蘭西をした話ばかりした。
最後の大杉 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
まゝのらぬもあるまじきなれど、らきは養子身分桂次はつく/″\他人自由やみて、これからのをもりにつながれたるやうにへぬ。
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
風浴みてしき雑草なるみづひきとゑのこぐさとを活けて笑みたり
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
お島はこの順吉から、父親が自分の嫁振を蔭でして、不平を言っていることなどを、ちょいちょい耳にしていたが、それはその時で、聴流しているのであった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
幅三十町、長さ五十町ほどの荒れ野原の一部分だった。萩と野茨ばかりのの中に、寿命を尽くして枯れ朽ちた大木を混ぜて、発育のいい大葉柏がらに散在していた。
熊の出る開墾地 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
水のやうに枯草をわたる風の流れと
春と修羅 第二集 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
根太も柱も腐蝕っている屋敷である。一堪りもなく壁土が崩れて、又八は全身に泥をかぶった。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「君はまた、平家方をすのか」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
仏蘭西の写実派には興味を持っても、人生本位の露西亜の小説はジメジメして陰気だとし、その頃からツルゲネフやトルストイを推奨した私を外道と呼び
私が何とかいってすと、今までと打って変って反対に、「それは君、君は誤解している。紅葉はんな男じゃない。君、今度は十分肝胆を披瀝して話して見給え、」とに紅葉の弁護を做初した。
つまりその隙にお祖母様は、薬草切りで可遊の背後から手を回して刺したのでしたし、それから何も知らずに気を失っている小式部を絞め上げるのは、何の雑作ない事では御座いませんか。
絶景万国博覧会 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
絞め付けられて苦しくない人間なんて、この世に又とあろうもんかな。それから、可遊さんの方は、小式部さんから二、三尺程横の所で、これは、左胸に薬草切りを突き立てていたんだがね。
絶景万国博覧会 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「わしはお内儀さん、でなしですかんね」ぢてさうして自分庇護ふやうにといふのを卑下してんだやうな苦笑てした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
違います……そのハンボン・エキスのい事というたなら鼻毛が立枯れする位で、それを工合良うビール瓶に詰めて、長崎の仏蘭西人に売りますと、一本一万円ぐらいに売れますなあ。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
あとまだ一里、この身体引摺って帰った処で、井戸の水さえ近頃は濁って悪臭し……七十を越えた祖母さんが、血を吸う蚊の中に蚊帳もなしに倒れて、と思うと
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
歴史は意味なきペーヂの堆積にあらず、幾百世の国民は其が上に心血を印して去れり、骨は朽つべし、肉はるべし、然れども人間の心血が捺印したる跡は、之を抹すべからず。
国民と思想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
何処を見ても、眼を遮るようなものがなくて、ただ、このれ果てた空屋敷の跡には夕靄がぼんやりと白くかかっているばかりであった。
過ぎた春の記憶 (新字新仮名) / 小川未明(著)
元来ムクゲは昔中国から渡った外来の灌木で、七の一つとしてはけっしてふさわしいものではない。また野辺に自然に生えているものでもない。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
馬にはを飼い、兵は朝の兵站しない。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
永代橋上流に女の死骸が流れ着いたとある新聞紙の記事に、お熊が念のために見定めに行くと、顔は腐爛ってそれぞとは決められないが、着物はまさしく吉里が着て出た物に相違なかッた。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
その他、つまらんようなことですが、足にマメができたとか、あるいは頭に腫物ができたとかいうときには、俗に「馬」という字を三つ書くとなおると申します。
妖怪学一斑 (新字新仮名) / 井上円了(著)
大后の幸でませる故は、奴理能美がへる蟲、一度はふ蟲になり、一度はになり、一度は飛ぶ鳥になりて、三しき蟲二七あり。
「何かお慰みにと、初春など探させました。甘味は干柿の粉を掻き溜めたもの。甘葛とはまた風味もかくべつ違いますので」
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また『西域記』十二に瞿薩旦那国王数十万衆を整えて東国の師百万をぎ敗軍し、王はられ将士にさる、その地数十血に染みて赤黒く絶えて蘗草なしと見ゆ、南インド
自分の列車は幾年雨風にたたかれて真赤に錆びった廃線の上を死物狂いに突進している! 車輪は錆びた鉄路の上で物すごい叫び声を発して行く!
まあ、十人が十色のことを言つて、したりしたりする、に蓮太郎の精神をめるものが有つても、寧ろ其を肺病のにしてつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
兵は、飯をぎ、馬に飼糧をやっている。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)