熊の出る開墾地くまのでるかいこんち
無蓋の二輪馬車は、初老の紳士と若い女とを乗せて、高原地帯の開墾場から奥暗い原始林の中へ消えて行った。開墾地一帯の地主、狼のような痩躯の藤沢が、開墾場一番の器量よしである千代枝を伴れて、札幌の方へ帰って行くのだった。 落葉松林が尽きると、路は …
作品に特徴的な語句
おっそ ひったく ほお まば くさ 彼方むこう よそ くゆ 狼狽あわて 退去しさ おら 将来さき 此方こっち 蹌踉よろ 銃口つつさき しずま ほろ かたき なん 原状もと 周章あわて こび はじ 彼奴きゃつ こわ 母親おふくろ うるお 灯火あかり 稼人かせぎて きたな ゆっく わか はしゃ 野原のっぱら くろず 下叢したくさ 乞食こじき ほか せがれ 低声こごえ わび 価値ねうち そば 傲然ごうぜん 先方さき かぶ 判然はっきり 動悸どうき 南瓜かぼちゃ くさむら 口髯くちひげ 吾亮ごすけ あき 咽喉のど うな すす あえ うそ 四辺あたり 土塊つちくれ たま 外套がいとう 夜業よなべ 嫉妬しっと よい 宵闇よいやみ むか 寿命じゅみょう 小豆あずき かが しかばね みさき ついで あと 微笑ほほえ 悪辣あくらつ よく おのの 所有もの 手許てもと こしら