“野原”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
のはら97.4%
のっぱら1.3%
のばら0.6%
のら0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは、い、さびしい野原でありました。からも、からも、れていまして、人間のめったにゆかないところであります。
公園の花と毒蛾 (新字新仮名) / 小川未明(著)
幅三十町、長さ五十町ほどの荒れ野原の一部分だった。萩と野茨ばかりのの中に、寿命を尽くして枯れ朽ちた大木を混ぜて、発育のいい大葉柏がらに散在していた。
熊の出る開墾地 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
それから一溜りもなく裏崩れして、真昼間野原を、一散に、や、
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
田舎でも野原へなど出る必要もない身分であったが、かなりな製糸場などを持って、土地の物持ちの数に入っているある家の嫁に、お今をくれることに、ってくれる人のあるのを幸い
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)