“煎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せん67.9%
25.8%
2.4%
いり1.0%
せんじ1.0%
あげ0.5%
いっ0.5%
0.5%
0.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ハハハハハ、あなたはやっぱり文学者だ。そこまで掘りさげられちゃ、かないませんよ。だが、せんじつめれば、おっしゃる通りかも知れませんね」
月と手袋 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
いつであったか、少年しょうねんは、おばあさんのいえで、これとおなくすりせんじるかおりを、かいだ記憶きおくがありました。
夢のような昼と晩 (新字新仮名) / 小川未明(著)
お秀は客の帰るちょっと前、少しばかりの隙を見付けて、お万に葛根湯かっこんとうせんじさせて、四畳半へ持って来させて飲ませたそうです。
近所で、ラジオが、やかましくりつくやうに鳴つてゐる。ゆき子は外套をぬぎ、宿の褞袍どてらを肩に引つかけて、吹き降りの廊下の外を眺めた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
でも食卓の周囲なぞは楽しくした方で、よくその食堂のすみのところに珈琲をく道具を持出して、自分でったやつをガリガリと研いたものだ。
刺繍 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
上丸じやうまる上々丸じやう/\まるなどとなへて胡桃くるみいつもあり。一寸ちよつとつて、あめにてる、これはうまい。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
この魚はなまえを食ってさえも死ぬというのに、なまのままでしばしば食っても遂に害がなかったのは、やはり一種の天命というのであろうか。
——ちょうど師父は裏へ出て柴を採っていましたが、その柴を焚いて、茶を、酒をあたためて、終日、世間の盛衰を語り、英雄を論じ、朝から晩までむことがありませんでした。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
上等バタ茶の製法 まず其茶それを半日もてそのかすをよく取って、そうして真っ黒な少し赤味がかった汁になって居る中にヤクのごく新鮮なバタを入れ、例のごとく塩を入れて筒の中で二度ぐらい摩擦したのがごく上等の茶である。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
「早くあの豌豆えんどうを買ってちょうだい、塩いりよ。」
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
にくまれていらぬ踊のきもいり 碩
俳句への道 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
上より自在じざいをさげ、此火に酒のかんをなしあるひはちやせんじ、夜は燈火ともしびとす。
上より自在じざいをさげ、此火に酒のかんをなしあるひはちやせんじ、夜は燈火ともしびとす。
邪悪よこしまにして慾深ければ、奉納のあげ豆腐をて足れりとせず。われから宝珠を棄てて、明神の神祠みやしろを抜け出で、穴も定めぬ野良狐となりて、彼の山に漂泊さまよひ行きつ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
れを炮烙ほうろくいっ如何どう云うふうにすれば出来ると云うので
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
篦棒べらぼう以前めえかたのことなんぞ、外聞げえぶんりい、らなんざこんで隨分ずゐぶん無鐵砲がしよきなこたあしたが、こんでをんなにやれねえつちやつたから」とくび珠數じゆずいたぢいさんがそばでそれを呶鳴どなつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)