“煎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せん66.5%
27.3%
2.2%
いり1.3%
せんじ0.9%
0.4%
あげ0.4%
いっ0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ひょっとしたら私の病気にでもきくというのでだれかが送ってくれたのじゃないかしら、じてでも飲めというのじゃないかしら」
球根 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
りつくようなのどの乾きと、傷が生命を奪って行く、それとの戦い、疼痛などで、病室は、檻のようなわめきで、相呼応していた。
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
この魚はなまえを食ってさえも死ぬというのに、のままでしばしば食っても遂に害がなかったのは、やはり一種の天命というのであろうか。
四十にて炮烙にて是を金紙に包み鄭重らしくしておに密としければお常は金子を玄柳にしお倶々く禮を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
上より自在をさげ、此火に酒のをなしあるひは、夜は燈火とす。さて此火を視るに、をはなるゝこと一寸ばかりの上にる、扇にあふげば陽火のごとくにる。
れんのがでひゝんといだしてえたもんだから畜生見界もなくツたんだからなあ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
邪悪にして慾深ければ、奉納の豆腐をて足れりとせず。われから宝珠を棄てて、明神の神祠を抜け出で、穴も定めぬ野良狐となりて、彼の山に漂泊ひ行きつ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
は又ヨジユムを作って見ようではないかと、色々書籍取調べ、天満八百屋市に行て昆布荒布のような海草類をて来て、れを炮烙如何云うにすれば出来ると云うので
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)