“せん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:セン
語句割合
25.7%
15.7%
10.4%
9.4%
7.0%
3.6%
3.4%
2.3%
2.0%
1.7%
1.3%
1.2%
1.1%
1.0%
0.9%
0.8%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.5%
以前0.5%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
先日0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
煎餅0.1%
0.1%
罽氈0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
澤は、自分と同じような恵まれない境遇にる養子に対して、素直な同情はから持っていたが、恋らしい心持は最近までなかった。
九月一日 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
人は自分のすべきことをさへすれば、われわれが貴様を責めるのも、勿論のこと、ひまだからだ、とじ詰めた処さういふのだな。
海城発電 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
すなわち、向うの壁に、三つ並んでいる洗手台のを開け放しにして、そこから溢れてくる水に、自然の傾斜を辿らせたのだった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
しかしそれは今更後悔致し候とて何の無之候えば、貴兄と同様今後いかに処すべきかを定め、それによって奮励するのほかなく候
師を失いたる吾々 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
「だがさし当たりわたしたちは一の金も、一かけのパンもなしに、パリのどぶの中にてられている……おまえおなかがすいたろう」
周瑜は、からくも馬を拾って、飛び乗るや否、門外へ逃げ出したが、一の矢うなりが、彼を追うかと見るまに、グサと左の肩に立った。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
正直な、やさしいは、い、一筋電線が、空中にあるのをつけました。そして、注意深く、そのりました。
ぴかぴかする夜 (新字新仮名) / 小川未明(著)
と云う下女が来て、昨夕桂川の水が増したので門の前の小家ではおおかたの荷をえて、預けに来たという話をした。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
探険家はだれかというと、川上一郎君、すなわちポコちゃんと、万造君、すなわちちゃんと、この二人の少年だった。
宇宙の迷子 (新字新仮名) / 海野十三(著)
さんへるほどならやとおひなさるを無理仕事されとはみませぬ、内職とてからにかけて十五
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
言いつつ、射て放ったはまことに早矢の達人らしく一! 二箭! 飛んだかと見るまにヒュウヒュウと藩士の身辺におそいかかりました。
上田敏さんは、多くの象徴詩篇を翻訳して、「海潮音」をしたのである。これが、日本象徴詩の早期に於ける美しいしあげ作業であった。
詩語としての日本語 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
地中海面より低きこと二百五十、乾ける湖の如く、一面麦熟れて黄金を敷く。パレスタインに来りて今日初めて平野を見、黒土の土らしき土を見る。
保吉は絶体絶命になった。この場合唯一血路になるものは生徒の質問に応ずることだった。それでもまだ時間が余れば、早じまいをしてしまうことだった。
保吉の手帳から (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
の家内といふのは、矢張飯山の藩士の娘でね、我輩のの楽な時代にいて来て、未だ今のやうに零落しない内にくなつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
一本のから大事件が生ずるように、青魚の煮肴が上条の夕食のったために、岡田とお玉とは永遠に相見ることを得ずにしまった。そればかりでは無い。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
音楽の名をしてるや枯れ葉の中に、少数の音楽家らの素朴なしかも精練された芸術を、彼はオリヴィエに助けられて見出した。
その結果、利を獲たものは、実に、呉でもなく魏でもなく、いまや蜀漢二の地を占めている玄徳ではありますまいか。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
思うに、ここの味方内から離反者が簇出したばかりでなく、いったいにわたる日和見的な武族もまた
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それでも塩水をかけたので恰度あったから本田の一町一分には充分だろう。とにかくは今日半日で大丈夫五十円の仕事はしただ。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
身輕手輕とばかりをにしたる旅出立なれば二方荒神の中にまりてまだ雨を持つ雲の中にる太華山人其のさを察し袷羽織
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
この間も、新富座へ乗込みのときは、以前の通りに——だったけれど——楽屋下地に結って、紫のきれを額にかけて、鼈甲をさして、お振袖で、乗組んだのだと。
かつて御史ありての自らにすることをしけるに、帝かずして曰く、人に任ずるならざれば功を成すわず、んや大将は一辺を統制す、いずくんぞく文法にらんと。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
けれど、孔明の一一扇は不思議な変化を八門の陣に呼んで、攻めても攻めてもそれは連城の壁をめぐるが如く、その内陣へ突き入る隙が見出せなかった。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その外に梅の糸といって上品なお菓子がございますがそれは豊後梅の青いのを大根や里芋ののように極くい繊にって塩漬にしてを置いて食べる時水で塩出しをして砂糖を
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
川島郷の七人衆の原士、あの方々も寛永の昔、島原の一がみじめな敗れとなった時、天草灘から海づたいに、阿波へ漂泊してきた落武者の子孫なのでございました。
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
で名人觀戰記を書き力に相當加ふるものありとうぬれて、共にり切つてゐるのだからたまらない。
向こう見ずなその男——太史令司馬遷が君前を退くと、すぐに、「全躯保妻子の臣」の一人が、李陵との親しい関係について武帝の耳に入れた。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
説教台のうへのささやかな典籍。これは弥撒書といふよりも、翻波式の平脱鏡。僧侶といふよりも、げてものの化仏。とんちんかんに並んだゐねむりとでも。——
希臘十字 (新字旧仮名) / 高祖保(著)
十二月除夕枕山は再び長谷川昆渓と相携えて池の端の松源楼に歳をした。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
当時流行のたん花ガスは、花のちをした鉄の輪の器具の上で、丁度現今、台所用のガス焜炉のような具合に、青紫の火を吐いて、美観を添え、見物をおったまげさせていたのだ。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
竹下氏は朝鮮の蒐集家として聞えているが、その蒐蔵の中には多くの見事なや瓦の外に、菓子型、筆筒真鍮香炉など優品が多い。いずれも忘れ難いものであった。
全羅紀行 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
沢崎の手紙は罫引きの書簡一枚へ(先日幸子が未亡人ので見せられたのは巻紙へ毛筆でしたためてあったのに)
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
あなたはたくさん銀を持っていられるようだから、心得までに申しあげるのだが、フレガタに追いかけられて船を押えられたら、らっても無駄である。
呂宋の壺 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
」という両方に握りのついた刃物で竹の皮を削りながら、それが固い節にぶっつかるたびに、枯枝のような腕がしばらくトコロテンのようにふるえていた。
冬枯れ (新字新仮名) / 徳永直(著)
それはの五人であった。ある夜、渾の夢に父がきて
陸判 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「それもそうですけれどもな、老者はまことにはやどうも。第一このりますのでな」
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
水鏡 道の幸 妙術博物 妙薬妙術集 民家必用永代大雑書三世相 民家分量記
妖怪学講義:02 緒言 (新字新仮名) / 井上円了(著)
正岡先生はこの絵ハガキを『仰臥漫録』とした帳面に張りつけて朝な夕なにながめておられたのであった。
呉秀三先生 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
画はすべて、微細にたたいた石面に直接描かれ、鋭いそして強い抑揚を持った線を主とし、色彩も豊富で、それが道から洩れる薄明りで妙に底光りしている。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
日は丘のてゐて、頸筋から取つたのやうだ
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
しかも双方共寄宿舎に這入っていたものだから、立花君や立花さんではれやすくていけない。で一方は政樹という名だから政樹公と呼び、一方は銑三郎という俗称だからさん銑さんと云った。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
什器は青銅で鋳たもので、酌源堂の文がしてある。其酒爵は聖堂に於て釈菜に用ゐるものを模したのである。川村氏は長崎の工人に命じて此什具を鋳造せしめた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
そつとさし置たち出しが又立もどり熟眠せし其顏熟々打ながめ偶々此世で親と子に成ししも斯ばかりりぞ情なし然どを抱へては親子がゑ死に外になきまゝに可愛我が子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
部屋ばせたることを兄君に申上二人ともに意恨憂目を見せて夫を腹慰と思ひし處兄上には我身と友次郎樣とをとなく其夜の中に落し給ひしかば夫より吾助はにも兄君を大變
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
かつ、はたいへん才童であったとみえ、建興十二年、呉にある兄のに宛てて送っている彼の書簡にもこう見える。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
孔明の家庭はまたしばらく寂寥だったが、彼が四十五歳の時、初めて実子のをもうけた。晩年の初子だけに、彼がどんなによろこんだかは想像に余りあるものがある。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たる巧笑にわが命を托するものは必ず人を殺す。藤尾は丙午である。藤尾はれのためにする愛を解する。人のためにする愛の、存在し得るやと考えた事もない。詩趣はある。道義はない。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
公叔文子の家臣であったは、大夫となって文子と同列で朝廷に出仕した。先師はそのことを知っていわれた。——
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
将門猶未せずといへども、に叛したのである。純友の暴発も此様いふ調子なのであつたらう。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
いことも辛いだろうし口惜しいことも口惜しいだろうが、先日のように逃げ出そうと思ったりなんぞはしちゃあ厭だよ。
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
木材はなんでもよいと云ったら、で作って来たので、非常に重い上に実用専一のすこぶる殺風景なものが出来あがりました。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
曰ふ、るは、氣盛なる者之を能くす、而かも眞勇に非ざるなり。孤城なきに守り、主を衆くにつ、律義者に非ざれば能はず、故に眞勇は必ず律義者に出づと。
かなわじと、あわてて馬の首をめぐらしかけた刹那、趙雲のするどい鎗は、すでに彼の体を突き上げて、一! 血をきこぼして、大地へたたきつけていた。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
飛鳥清原の大宮に太八洲しらしめしし天皇の御世にびて、潛龍元を體し、雷期にへき。夢の歌を聞きて業をがむことをおもほし、夜の水にりて基を承けむことを知らしたまひき。
為に、眠った間はほんのわずかであったが、それでも、大きな欠伸を一つ放つと共に、夜来の疲れは頭から一されていた。そしてまた今夜も寝ずに頑張らなければならないと、ひそかに考えていた。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
、三緊々縮々、などという表字法にみても、別してこの裴如海ひとりがそう傑出した色坊主であったわけでもあるまい。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
笛吹川は甲武信岳の方から、釜無川は甲斐駒の方から、峡中を流れて沢で合し、俄然大河の相を具現してに移りに変わり、とうとうの響きを打って東海道岩淵で海へ注ぎ込む。
香魚の讃 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
綾子はこれを見て見ぬふり、黙許してめざれば、召使のものはなく、お丹の命令に唯々諾々
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
恐かったよ、それでね、、貰っといたお菓子だの、お煎餅だの、ソッとン中へしまッとくの、そしてね、紙の上へ乗せて枕頭へ置いとくの。そして鼠にね、お前、私をめるんじゃアありません。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
叡山の持宝房についたから試みにまず四教義を授けて見るとをさして質問をする。疑う処皆古来の学者たちの論議した処と同じである。まことにただ人ではないと皆が申し合った。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
府庫には蜀江呉均氷羅罽氈雪穀越絹ふべからず。、こゝに傲語してく、らくは石崇ざることを、石崇らんと。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
アカネは茜という字を書きますが、この字の音はではなくてでなければならぬ。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
古典には、、というようないろいろな名前で書いてあって、疲労をいやし、精神をさわやかにし、意志を強くし、視力をととのえる効能があるために大いに重んぜられた。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
「身、五民ノ外ニ処シテ、或ハニヨク、或ハニヨシ、上ハ王皇ニ陪シテ栄ト為サズ、下ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ、優游シテ以テ歳ヲルベキモノ、唯我ガ技ヲリト為ス……エヘン」
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
のみならず、三面だけにルビを附けただけで、活字の少い所から仮名許り沢山に使つて、「釧路」のの字が無いから大抵「くし路」としてあつた。
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
皇甫の者で、先祖からにいたのですが、今度家が野火に焼けたものですから、ちょっとの間此所を借りて住んでいるのです
嬌娜 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
又錦の馬ふさはしきを犬の脊に打かけ、かの美人を乗せて、犬を叱して奔せしむるに、美人はから起ちて馬上さまざまなるを為して神変の技をしめす。
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)