家なき子いえなきこ02 (下)02 (げ)
ジャンチイイの石切り場 わたしたちはやがて人通りの多い往来へ出たが、歩いているあいだ親方はひと言も言わなかった。まもなくあるせまい小路へはいると、かれは往来の捨て石にこしをかけて、たびたび額を手でなで …
作品に特徴的な語句
香具師やし 素足すあし 背戸せど 勇気ゆうき あま 嘆息たんそく 容赦ようしゃ 加減かげん 後家ごけ 看板かんばん 近寄ちかよ 見覚みおぼ 熱心ねっしん 一晩ひとばん はく 牢屋ろうや 退治たいじ 凌駕りょうが 小唄こうた 当惑とうわく 窓際まどぎわ 時刻じこく 大工だいく 宝物たからもの 真夜中まよなか 片手かたて 物置ものお 奉公ほうこう きん ろう 苦労くろう 無事ぶじ 案内あんない 探索たんさく 苦痛くつう 得意とくい つと 木賃宿きちんやど 口上こうじょう 今晩こんばん 意識いしき 気位きぐらい 路地ろじ 名誉めいよ 文言もんごん 職人しょくにん つと 場末ばすえ 不平ふへい 毎晩まいばん あつ こう 水上みずあ 人事不省じんじふせい 八重やえ 感謝かんしゃ 案外あんがい 石段いしだん しめ 見捨みす 街道かいどう あらた 郊外こうがい 流浪るろう 両眼りょうがん 野菜やさい 散歩さんぽ とみ 同情どうじょう 物干ものほ 疑問ぎもん 行儀ぎょうぎ だん 荷物にもつ 義務ぎむ 背広せびろ 議論ぎろん つくえ 大好だいす 芽生めば 満足まんぞく 罪人ざいにん 頑強がんきょう とど 内証ないしょう 現場げんじょう みちび 真昼まひる 錠前じょうまえ 根元ねもと 百姓ひゃくしょう 芝居しばい 恥辱ちじょく 見慣みな 評判ひょうばん しお
題名が同じ作品