家なき子いえなきこ02 (下)02 (げ)
ジャンチイイの石切り場 わたしたちはやがて人通りの多い往来へ出たが、歩いているあいだ親方はひと言も言わなかった。まもなくあるせまい小路へはいると、かれは往来の捨て石にこしをかけて、たびたび額を手でなで上げた。それは困ったときによくかれのする …
作品に特徴的な語句
せっ ぎゃく とう 養母ようぼ 鼻面はらづら ふく 水上みずあ ぱく よく この かつ たたか よく 真実しんじつ たし あや 毛布もうふ いきお ぞこ 微笑びしょう はつ 法廷ほうてい こころざ こころ あたたか 失敗しっぱい むら 最初さいしょ すく 老年ろうねん 習慣しゅうかん ほっ 片手あたて 呼吸こきゅう 機関きかん 同伴どうはん 機会きかい きび しん そん きず あぶ 祖父そふ つい ことわ こう えら 相応そうおう 相変あいか 気質きしつ ねつ じゅつ 目標もくひょう 縫箔ふいはく 職業しょくぎょう はじ ほう おも 鉱山こうざん 法服ほうふく 調査ちょうさ はず せん たい 材料ざいりょう せん くう おっと うたぐ きず がわ つの 服装ふくそう あず ゆる 暗黒あんこく 救助きゅうじょ あま げん 準備じゅんび 空虚くうきょ 姉妹しまい うしな ぬの 争論そうろう なさ 借金しゃっきん 希望きぼう ついや
題名が同じ作品