家なき子いえなきこ01 (上)01 (じょう)
生い立ち わたしは捨て子だった。 でも八つの年まではほかの子どもと同じように、母親があると思っていた。それは、わたしが泣けばきっと一人の女が来て、優しくだきしめてくれたからだ。 その女がねかしつけに来てくれるまで、わたしはけっしてねどこには …
作品に特徴的な語句
げん 姿すたが 殿てん ぞく 養父ようふ 養母ようぼ ごん ぎゃく 慈愛じさい あい じょう 許可きょか この 不幸ふしあわ じん 退しりぞ 真向まむ づら こころ 失敗しっぱい 中央ちゅうおう 周囲しゅうい 赤銅あか おぼえ 毛布もうふ がん たまど よく 葉巻はま 真実しんじつ 連中れんちゅう たし いきお 復習ふくしゅう 微笑びしょう 最初さいしょ せい だね やさ 旅館りょかん むら たたか 俳優はいゆう しょ 支流しりゅう どう さずけ 地位ちい ゆた まわ はず おっと 貴人きじん ゆる やわら 好奇こうき ぎみ 見積みつ きび じゅつ 蒸気じょうき あぶ ぬの たい 十倍ばい えら 背中なか 職業しょくぎょう なさ 習慣しゅうかん はじ 出入しゅつにゅう ばっ 先刻せんこく せん ゆわ 気勢きせい ことわ きず 満潮まんちょう くう 不快ふかい 服装ふくそう おも 疲労ひろう 気質きしつ ほっ あず 相変あいか 機会きかい
題名が同じ作品