家なき子いえなきこ01 (上)01 (じょう)
生い立ち わたしは捨て子だった。 でも八つの年まではほかの子どもと同じように、母親があると思っていた。それは、わたしが泣けばきっと一人の女が来て、優しくだきしめてくれたからだ。 その女がねかしつけに来 …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 香具師やし 有頂天うちょうてん 納得なっとく 勇気ゆうき 覚悟かくご 日数ひかず 始末しまつ あま 近寄ちかよ 加減かげん 戦争せんそう 芝生しばふ 後家ごけ 看板かんばん 牢屋ろうや 一晩ひとばん 不足ふそく 思案しあん 建物たてもの 当惑とうわく 小唄こうた 時刻じこく 熱心ねっしん 親切しんせつ 発作ほっさ 片手かたて 寒気さむけ 所望しょもう 物置ものお 苦労くろう 乱暴らんぼう きん はた 探索たんさく 矛盾むじゅん 苦痛くつう 時節じせつ 得意とくい おん 心得こころえ つと 口上こうじょう 木賃宿きちんやど 菓子かし 兵隊へいたい 灰色はいいろ 侮辱ぶじょく 意識いしき 文句もんく 気位きぐらい 道連みちづ ぬま 殊勝しゅしょう 広漠こうばく 名誉めいよ つと 職人しょくにん 見捨みす 野天のてん あつ 皮膚ひふ 感謝かんしゃ 毎晩まいばん 街道かいどう 小家こいえ 疑問ぎもん 好奇こうき 横着おうちゃく 流浪るろう 行儀ぎょうぎ だん 野菜やさい 二足ふたあし 富貴ふうき 歩哨ほしょう 水晶すいしょう 満足まんぞく 礼儀れいぎ 義務ぎむ 芸当げいとう 議論ぎろん 豊饒ほうじょう はい 報酬ほうしゅう 残酷ざんこく つくえ 善悪ぜんあく しめ 平伏へいふく 内証ないしょう 昼過ひるす 罪人ざいにん 背広せびろ
題名が同じ作品