“救助”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たすけ35.7%
すくひ14.3%
きゅうじょ14.3%
すくい14.3%
きうじよ7.1%
きゆうじよ7.1%
すくふ7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
救助むるは、まじき怒濤打交つて、地獄光景もかくやとはるゝばかり。
其處此處には救助むるたえ/″\にゆるのみ、浮標はで、日出雄少年をば右手にシカといてつた。
もうまもなく救助の人たちがトンネルをぬけて、水について来ることをわたしたちは知った。けれどもこうなってから幽閉最後の時間がこのうえなく苦しかった。
十分前までは救助を呼んでいた市郎が、に黙ってったのは不可思議である。これもや何等かの禍害ったのではあるまいかと、巡査は胸を騒がした。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
救助むる難破船眞似をしたのは、あの海底かの理由水深左程からず、弦月丸撃沈して潜水器めるに便利かつたではあるまいか
理屈すぢやありません、越權責任ひます。貴下じませんか、難破船救助るのを。
ざるとは餘りと申せば不孝の至りと云べし彌吉はなるが粂は實の娘なり然れば母親の困窮と言ひ病氣と聞ば菊より借用致し度由申入ずとも汝等身代を半分分にしてなりと救助べきが至當なり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)