“人命救助”の読み方と例文
読み方割合
じんめいきゆうじよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
村民にはかういふ非常時する訓練がよく行屆いてゐたとえ、老幼男女第一火災防止め、さず人命救助從事したのであつた。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
老若男女のあらん災害防止むべきである。火災防止眞先にし、人命救助をそのつぎとすること。これ人命財産損失最小にする手段である。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)