“人命救護”の読み方と例文
読み方割合
じんめいきゆうご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
地震災害最小限度防止せんとするに主義として人命救護きをくことは勿論であるが、此主義實行手段として、火災防止眞先にすることが必要條件となるのである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)