“總”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
すべ43.2%
ふさ18.9%
そう18.9%
すべて8.1%
5.4%
あら2.7%
さう2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
貝塚は如何にしてられたるか。てに通じて斯く斯くなりと斷言する事は出來ざれど、主として物捨て塲なりと思へばり無し。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
つてつた被布るおさまに相違い、うしてあの仕事やがせるものかと此樣つてた、れは其樣いとふから
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
じて江戸人間調子うて、言葉にござります。下品言葉へ、無暗に「お」のけまして、上品せようとんでります。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
るにはうとは、えずにして壓去つて、此度存分熱切に、夢中有樣で、る。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
百官をべ、万機を行ない、天下をする者、太政大臣の上に坐し、一ノ上とも、一ノ人とも、一ノ所とも申し上ぐる御身分、百の模範たるべきお方であるはずだ。
血ぬられた懐刀 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
朝子はゆる子供の足跡や玩具などを見ては、何となく胸が迫って、寂しい心持になって行った。
秋は淋しい (新字旧仮名) / 素木しづ(著)
勿論外形れてもしいはないが、しく異樣えたのは、噸數一千にしては構造りに堅固らしいのと