“總菜”のいろいろな読み方と例文
新字:総菜
読み方割合
そうざい80.0%
さうざい20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
參詣人へも愛想よく門前花屋口惡兎角蔭口はぬをれば、ふるしの浴衣總菜のおりなどおのずからの御恩るなるべし
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
のためか深張傘をさして、一度、やすもの肴屋へ、お總菜ひにたから。
山の手小景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
もお總菜退治た、北海道である。うけに岡山のきび團子べたで、咽喉らせるはない。これしかしながらであらう。——
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)