“嚊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かかあ33.3%
かゝあ21.1%
かか17.8%
かゝ13.3%
11.1%
かかア2.2%
いびき1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それにこっちには仕事の勤めというものがあるし、年がら年中、そうべたくさするの相手にばかりなっちゃいられませんからなあ。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
しかし中にはかれの不断の読経やら、寺に来てからの行状やらから押して、普通の僧侶——其処等にざらにあるを持ち、被布を着
ある僧の奇蹟 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
「親分、身柄調べたあひどうがしょう。あっしもそこを言ってやりやした。瘠せても枯れても他人あへよくも——。」
參詣人へも愛想よく門前花屋口惡兎角蔭口はぬをれば、ふるしの浴衣總菜のおりなどおのずからの御恩るなるべし
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
さもたり。づくに。は。そも款貨舖の。かも。める。香盆の。何爲なりや。時々に。して。くめるは。
「西周哲学著作集」序 (旧字旧仮名) / 井上哲次郎(著)
が丈夫でいたらどうにか力になるんだがね。おれがあっちへ行っている中に肺炎で死んでしまうし、は娘と一緒に田舎へあずけてある始末だ。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
危険を冒すことだけが登山の最大の意義だというんなら、それはスポーツの軽業主義だよ。……君、君、そこでなんかかいちゃ駄目だよ。