“何爲”のいろいろな読み方と例文
新字:何為
読み方割合
いつ33.3%
なにこと33.3%
なんすれ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
米原北陸線分岐道とて、喜多にはひとり思出い。が、けるとい。所爲か、何爲もそゞろである。
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
さもたり。づくに。は。そも款貨舖の。かも。める。香盆の。何爲なりや。時々に。して。くめるは。
「西周哲学著作集」序 (旧字旧仮名) / 井上哲次郎(著)
難ずるものは何爲ぞ劇藥を投ぜざるといふ。嗚呼、かれ等は劇藥のいと/\用ゐ易くして、人間を益しがたき理を知らず。何ぞ共に醫道を語るに足らむと。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)