“北陸線”の読み方と例文
読み方割合
ほくりくせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれども、北陸線じなかつた時分舊道平家物語太平記太閤記るまで、だたる荒地山虎杖坂中河内
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
米原北陸線分岐道とて、喜多にはひとり思出い。が、けるとい。所爲か、何爲もそゞろである。
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)