“喜多”の読み方と例文
読み方割合
きた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
米原北陸線分岐道とて、喜多にはひとり思出い。が、けるとい。所爲か、何爲もそゞろである。
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
七夕祭の夜、喜多茶荘に招かれた時、平山君や僕から言い出した催しとて、趣向の事や人の寄りなどに就いては、人知れず苦労していた。
友人一家の死 (新字新仮名) / 松崎天民(著)
能楽上の一大倶楽部を起し、天下の有志を集めて依怙贔屓なく金春金剛観世宝生喜多などいふ仕手の五流は勿論、の諸流も笛、、太鼓などの囃子方に至るまで
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)