“喜多見”の読み方と例文
読み方割合
きたみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は昭和二年の秋、この喜多見の山野のくぬぎ原に、かな庭をもつ書斎を建てて、ここを一茶のいうついの住みかにしようという気になった。
それから下野毛上野毛兩遺跡ぎ、喜多見た。