“喜多川歌麿”の読み方と例文
読み方割合
きたがわうたまろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
喜多川歌麿の絵筆持つ指先もかかる寒さのためにったのであろう。馬琴北斎もこの置炬燵の火の消えかかった果敢なさを知っていたであろう。
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
あるひは鳥居清長天明三年(一七八三年)における、また喜多川歌麿の寛政七年(一七九五年)における制作といふが如く明確に年数を決定し得べきものは甚だし。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
と国貞は声を沈まして、忘れもせぬ文化三年の春の、その師歌川豊国が『絵本太閤記』の挿絵の事よりして喜多川歌麿と同じく入牢に及ぼうとした当時の恐しいはなしをし出した。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)