江戸芸術論えどげいじゅつろん
我邦現代における西洋文明模倣の状況を窺ひ見るに、都市の改築を始めとして家屋什器庭園衣服に到るまで時代の趣味一般の趨勢に徴して、転た余をして日本文華の末路を悲しましむるものあり。 余かつて仏国より帰来りし頃、たまたま芝霊廟の門前に立てる明治政 …
作品に特徴的な語句
はべり たか あたわ さながら がえし きわめ っと ちぢら こう うなじ ひややか つく たもた うずも おわり きわま つぶ たずぬ さきん えがき まじわ すぐ 種類ジャンル だし だて さきだ とどま せわ なまめか もうく おろそか しょ よそ あじわい うかがい ゆき 水底すいてい おなじく まわり 調ちょう ごめ にぎわい ささや いづ ここ 便すなわ 雲母きら げん 布片ふへん たつ まず 花瓶かへい じゅう くい 男女だんじょ かん とうと あげ 橙色とうしょく かん いだ ちゅう 手摺てずり すなわち うも 黄色おうしょく ただち なまめ しりぞ 上下じょうげ るい さかり ことな いわく つつみ うた つい 仰向あおむき まっと さなが きば やぶさか とど あまり 一色いっしょく 住家じゅうか けぶ 憧憬しょうけい なげ せん 頭髪とうはつ 見付みつき 怪訝かいが