江戸芸術論えどげいじゅつろん
我邦現代における西洋文明模倣の状況を窺ひ見るに、都市の改築を始めとして家屋什器庭園衣服に到るまで時代の趣味一般の趨勢に徴して、転た余をして日本文華の末路を悲しましむるものあり。 余かつて仏国より帰来り …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ 気魄きはく 緻密ちみつ 俳諧はいかい 長火鉢ながひばち 伯林ベルリン 見馴みな もとめ 従容しょうよう 夜鷹よたか 錦絵にしきえ よし 高輪たかなわ 伊勢いせ 短冊たんざく もも 膏薬こうやく 諸共もろとも まこと 小倉おぐら なつめ 斡旋あっせん 編輯へんしゅう 反物たんもの 本郷ほんごう たちばな 整頓せいとん 馬子まご 目貫めぬき わく 御幣ごへい 根柢こんてい 我邦わがくに 傾城けいせい 巍然ぎぜん 藍色あいいろ 勃興ぼっこう 友禅ゆうぜん 尨大ぼうだい 居士こじ 秘訣ひけつ 駒下駄こまげた 遮断しゃだん 錚々そうそう 咀嚼そしゃく むし 相容あいい 草双紙くさぞうし 奢侈しゃし おか 手数てすう 清楚せいそ 生血なまち 小唄こうた 相俟あいま 伽羅きゃら 御挨拶ごあいさつ 旺盛おうせい 硝子窓がらすまど 茅葺かやぶき 花弁かべん 馬琴ばきん 向島むこうじま 脂肪あぶら 仁王におう 厭世えんせい 廃頽はいたい 本文ほんもん 二間ふたま 紙鳶たこ 一本ひともと 朧夜おぼろよ 瓦解がかい 経文きょうもん 読経どきょう つと 嫉視しっし 草木そうもく 貝殻かいがら 拍子木ひょうしぎ 道行みちゆき 入相いりあい 宝物ほうもつ 放恣ほうし 水滸伝すいこでん 海辺うみべ 狩野かのう 花卉かき 見世物みせもの 光琳こうりん 島田しまだ 女形おんながた もん 下町したまち 孜々しし しお 渾沌こんとん 眠気ねむげ 陋巷ろうこう