“見付”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みつ35.3%
みつけ29.4%
みつか11.8%
みつき9.8%
めっ3.9%
めっか3.9%
みせつ2.0%
めつ2.0%
めつか2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのしいはれてゐたを、ふと一小松すと、不思議なものでも見付けたやうに、くそれにらした。
日の光を浴びて (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
「だからよ。船員は小僧を見付次第タタキ殺して船霊様めるって云ってんだ。汽鑵へブチ込めやあ五分間で灰も残らねえってんだ」
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「先生。大変な騒ぎで御座ります。奥山さんが朝腹お客を引込もうとした処を隠密見付りお縄を頂戴いたしたので御座ります。」
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
高く釣りたる棚の上には植木鉢を置きたるに、表側の見付を見れば入口の、戸袋、板目なぞも狭きを皆それぞれに意匠して網代、船板、洒竹などを用ゐ云々
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
時にどうです、この間から伺がおう伺がおうと思って、つい忙がしくって、伺がわずにいたんだが、何か好い口は見付かりましたか
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
すると或る晩に、その墓は五輪の塔で、こういう木の下にまっていると夢に見たので、その翌日檀那寺へ行って、夢に見た通りがすとして見付った。これも友人が最近に見た正夢である。
取り交ぜて (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
「文三は男児だ、虫も胆気もこの通り有る、今まで何と言われても笑ッて済ましていたのはな、全く恢量大度だからだぞ、無気力だからでは無いぞ」ト口で言わんでも行為見付けて
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
もとが本當ぢやねえからずんぶらのめつちやつたもんでさ、本當飽氣ねえで、それお内儀さんわし他人死骸見付けて大騷ぎしてらせにたら
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「まだにも見付らないんですか」
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)