日の光を浴びてひのひかりをあびて
日は照れど、日は照れど 君を見る日の來なければ わたしの心はいつも夜 日は照れど、日は照れど わたしは目盲ひ、耳聾ひ、唖者 君を見もせず、聞きも得ず 「日が照つてゐる……。」 さう呟きながら、私は部屋の隅から枕を巡らして、明るい障子の方にそ …
作品に特徴的な語句
しやう ゆゐ かゞ おほ 室内こゝ をさま うへ しゆん あたゝ 凝乎じいつ きは いきほ ぱつ こほ やはら 彼女かのぢよ あたゝ きつ あら 唖者おふし ちひ うる 高原かうげん 幸福かうふく うつゝ とほ とほ いへ ひゞき 糧食りやうしよく さま 翌朝よくてう おほ おほ はう あひだ みづか ゆる あが 仰臥ぎやうぐわ 休止きうし なに だま あふ すみ まづ したゝ 滋養じやう ほゝ 光線くわうせん 頑固かたくな まつた ひゞ さだ 凝視みつめ とひ かぎ つゝ 太陽たいやう こゝろ いそ 斜面しやめん 吹雪ふゞき せん なつか みゝ かゞや くづ ひさし いざな 強烈きやうれつ 見廻みまは かれ のち おもむろ 微妙びめう 想像さうざう あを まばた あゆ みづ 水晶すゐしやう 氷柱つらゝ やうや けむり 眞白ましろ みな