“覆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おお25.6%
くつがえ24.5%
くつが12.2%
おほ8.7%
かえ4.7%
くつがへ3.5%
かぶ2.5%
かへ2.1%
こぼ2.1%
おおい1.4%
1.2%
1.0%
おほひ1.0%
ふた0.8%
うつ0.6%
0.6%
0.6%
くつ0.6%
カヴァ0.4%
シェード0.4%
おおわ0.4%
かく0.4%
かぶさ0.4%
つつ0.4%
ひつくりかへ0.4%
シエード0.4%
かへりごと0.2%
おゝ0.2%
かや0.2%
こぼし0.2%
おい0.2%
おっ0.2%
かば0.2%
くりか0.2%
ひっくりか0.2%
0.2%
0.2%
をほ0.2%
オオ0.2%
クツガ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
がわくように、いつのまにやら、誰が言い出したともなく、もくもくいて出て、全世界をい、世界を気まずいものにしました。
斜陽 (新字新仮名) / 太宰治(著)
しるこの鍋をされて、小鬢しく火傷をしながら苦しみ悶えている光景を見た時に、米友の堪忍袋が一時に張り切れました。
大菩薩峠:17 黒業白業の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
とりわけこの岬のあたりは、暗礁の多いのと、潮流の急なのとで、海は湧立ちかえり、狂瀾怒濤がいまにも燈台をえすかと思われた。
おさなき灯台守 (新字新仮名) / 竹久夢二(著)
是等が黄色な灯で照されて居るのを私は云ひ知れない不安と恐怖の目で見て居るのであつた。終ひには兩手で顏をうてしまつた。
巴里まで (旧字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
と言う処へ、しとやかに、階子段を下りる音。トタンに井戸端で、ざあと鳴ったは、柳の枝に風ならず、長閑釣瓶したのである。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
すやうで小留もなくながら蓑笠いだ茅葺をすることは扨置いて、もあけられず、から隣同士
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
妹さんだって油画かきだわ。みんな阿母さん系統なわけなのよ。それにしても私にさって来るあの人たちの雰囲気はいいとはいえないわ。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
論語はい本だ。い本だからと言つて、それで人生がくりるものなら、この世は幾度かう引くり覆つてゐる筈だ。
でも何もそんなしい御山ではありません。此処霊山とか申す事、酒をしたり、竹の皮を打棄ったりするではないのでございます。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
式場用の物の、敷き物、などの端を付けさせるものなどに、故院の御代の初めに朝鮮人がげたとか、緋金錦とかいう織物で
源氏物語:32 梅が枝 (新字新仮名) / 紫式部(著)
白糸は猿轡されて、手取り足取り地上に推し伏せられつ。されども渠は絶えず身をえて、えさんとしたりしなり。にわかに渠らの力はみぬ。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
或地のアイヌはコロボツクルの女子がアイヌに近寄る時には片袖にて口をひたりと云ひ傳ふ。女子が或種類の衣服を着せしとのは深く考ふる要無し。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
その雪途もやゝ半にいたりし時猛風におこり、黒雲布満闇夜のごとく、いづくともなく火の玉飛来りの上にかゝりし。
木場の甚さんにも話して、一小屋引き請けることになっているのだから、この分だと、いよいよ祭がきてをあけるのがたのしみだ。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
まず大きな牡猴がいかめしく緩歩し老若の大群随い行くに、児猴は母の背にがり、あるいは後肢を伸ばしてむき臥し、前手で母の背毛を握って負われ居る。
とザッと水をける時、何処の部屋から仕掛けたベルだか、帳場で気短に消魂しくチリリリリリンと鳴る。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
四〇七 若し人あり貪と瞋と慢とを離るゝこと芥子が針端より(落つるが如くなるときは)、彼を我は婆羅門と謂ふ。
法句経 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
し仮にも一度さう思ひ込んだ以上は、何かそれをがへすだけの確乎とした反証を握り得ないまでは心の平静を見ることは出来さうもなかつた。
煤煙の匂ひ (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
すると、の中央に、やや小さい円形の力が落ちることになるから、当然その圧し出された水が、上向き括弧())の形になるじゃないか。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
家へ帰ると、Aの細君は寝室の水色のをかけた灯の下で、宵に街から買って来た絹糸でネクタイ編みながら未だ起きていた。
陰※たる空にれたる万象はことごとくいを含みて、海辺の砂山にるき一点のは、早くも掲げられたる暴風警戒球標なり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
夫から日本にも来てゐるが、矮狗位な大きさで頭の毛が長く幾となく前額に垂れて目をしてゐる「スカイ、テリヤー」といふ奴、彼奴はどうも汚臭くて、人間なら貧乏書生染みて不可んな。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
これは自分は呼吸をしているという事や天が自分の上にっているという事と同じように自然である。それを恥じなくてはならないだろうか。
みれん (新字新仮名) / アルツール・シュニッツレル(著)
みなこれ屈竟大男、いずれも手拭いにみたるが五人ばかり、手に手にぎ澄ましたる出刃庖丁げて、白糸を追っ取り巻きぬ。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼と握手をする時うした機会か僕の足が老人と話して居た若い詩人の卓の下に引掛つて上のが高い音を立ててつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
何燭か知りませんが兎に角非常に明るい電灯が昼間のやうに紅色のの下に輝いてゐました。さうして室はもう充分暖たまつて居りました。春が急に来たのではないかと怪むだ程でした。
嘆きの孔雀 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
問ひて曰はく、「今天つ日高の御子虚空つ日高、一九でまさむとす。誰は幾日に送りまつりて、さむ」と問ひき。
ちょうど後世のお高祖頭巾のように首の全部をい隠して、肩の上まで垂れているので、顔はこゝからは分らないけれども、しょんぼりんで空の方を仰いでいるのは
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
細君は漸く體を動かし始めて、つた糊を拭き取つたり、飛び散つた文殼を纒めたりして、鼻を啜り上げながら其邊を片附け始める。
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
しからば小法師は「雍州府志」や「塩尻」の云う如く、すなわち塵埃をこぼし捨てるの義ではなくて、掃除すなわちキヨメが僧形をしていたからの名とも解せられる。
エタ源流考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
その喪車の周囲に垂れた黒い幕が揺れるたびに、白綸子をした小さな棺の上に飾った花環がちらちら見えた。そこいらに遊んでいた子供がけ寄って来て、珍らしそうに車をき込んだ。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
キャキャとする雛妓甲走った声が聞えて、重く、ずっしりと、かぶさる風に、何を話すともなく多人数の物音のしていたのが、この時、洞穴から風が抜けたように動揺めく。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
水夫の切ない動作を酒興の戯れかと思ひ違へた校長は、頤を引いて賞めそやしたが、娘はしつかりと袖の下につて容易に其処には現しさうもなかつた。
山彦の街 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
ちやんは其處彼等るのをて、偶々自分以前に、數多金魚鉢へしたしました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
「父さん、お舟——父さん、お舟——」と強請るようにする子供の声をこの下座敷でよく聞いたばかりでなく、どうかすると机はえされて舟の代りになり
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
ぽっちり三臠五臠よりは附けないのに、葱と一所けて、鍋からもりこぼれるような湯気を、天井へ立てたはしい。
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
多福さんとタチヤナ姫と、ただの女と——そう! どう思い返してもこう呼ぶのがいい——が流行の波斯縁の揃いの服で、日けの深いキャフェの奥に席を取った。遊び女だ。
巴里のキャフェ (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
いま機械のひをとりますから れて見てゐてごらん
 ——ソノ日、暴風枝ヲ鳴ラシ、地籟ヲ運ビ、新皇ノ楯ハ、前ヲ払ツテ、自ラ倒レ、貞盛ガ楯モ、ヘシテ、飛ブ。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)