“緋金錦”の読み方と例文
読み方割合
ひごんき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
式場用の物の、敷き物、などの端を付けさせるものなどに、故院の御代の初めに朝鮮人がげたとか、緋金錦とかいう織物で
源氏物語:32 梅が枝 (新字新仮名) / 紫式部(著)