“綾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あや98.8%
りよう1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
式場用の物の、敷き物、などの端を付けさせるものなどに、故院の御代の初めに朝鮮人がげたとか、緋金錦とかいう織物で
源氏物語:32 梅が枝 (新字新仮名) / 紫式部(著)
さてばかりの盃事をすませると、まず、当座の用にと云って、塔の奥から出して来てくれたのがを十に絹を十疋でございます。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
父はりにその三稜鏡をいぢつてゐたが、特別に為掛も無く、からくりも見つからない。しかしそれで太陽をして見ると、なるほど七の光があらはれる。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
くれなゐの腰結のあたりに歌は書かむと思へ
舞姫 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)