“唐綾”の読み方と例文
読み方割合
からあや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
などの唐綾唐錦唐刺繍から、まだ一般には珍しいゴブラン、印度金紗、南蛮織のあらゆる物まで、めてそのらしたものだった。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一人は年頃四十あまりと覚える人の、唐綾の装束にを着けたのが、を取り直して佛壇に坐している。
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
たまくをしき唐綾
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)