聞書抄ききがきしょう第二盲目物語だいにもうもくものがたり
改定史籍集覧第十三冊別記類の中に載っている豊内記と云う書は、一名を秀頼事記と云い、大坂の滅亡を見届けた高木仁右衛門入道宗夢の物語を、桑原求徳が書き集めたものであると云うが、同書上巻の一節に石田三成が嫡子隼人正重家の後日譚が見えている。曰く、 …
作品に特徴的な語句
おゝ むくふ おはし いたは 姉妹おとゞい わらふ ころ 微笑ほゝえ むすぼ がと いづれ つけたり たまはり みづから にくし あるひは 引立ひつたて くん いひ たび みん しかれ いは さが くはし よつ いれ なき ならびに 言分いゝぶん ばかり なら さし たばか 如何いかゞ 大輔たいゆう つかさど 何方いづかた 武士ものゝふ 退しりぞ おもむき げき うえ 月給づきたま 左右さう ぎぬ かたじけの 表白ひょうはく くれなゐ つい かゝ おぼえ 御勢おんせい いさゝか ほゞ 孰方いずれ 水汲みづくみ はから これ あや もって ひろい かし つまびら やぶ 立帰たちかへり むな 退さが とむろ 新月にいづき 先生せんじょう 出立いでたち 一口いもあらい めぐ ざま いた きび 彼奴かやつ 平人へいにん つひ 峨々がゞ たゞ さだ 孝養きょうよう そね しく まばゆ 君達きんだち ふく はず