“御勢”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おせい25.0%
おんいきほひ25.0%
おんせい25.0%
おんぜい25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御勢”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 諸芸・娯楽 > 射倖ゲーム100.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「そら梳手すきて御勢おせいですよ。昔し健ちゃんのあすびに来る時分、よくいたじゃありませんか、宅に」
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「いや、なんともなんとも。今日こんにち閣下かくか昇天しようてん御勢おんいきほひにはわたくしどもまるで微塵みぢん有樣ありさまでございましたな。」
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
なお此の城に御座なされて、一往も二往もことわりをお盡しなされ、それでも御宥免がなければ、それがしに一萬の御勢おんせいをお附け下さりませ、はゞかりながら先を懸け奉り
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
——御勢おんぜいの利は、一刻もはやく、同所の北寄りに散在する高地、名島なしま、松ヶ崎、陣ノ腰などを占めて
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「なに、御勢おんぜいが見えたと」
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)