麻雀を語るまあじゃんをかたる
話はだいぶ古めくが、大正十一年の秋の或る一夜のことだ。三ヶ月ほどの南北支那の旅を終つて、明日はいよいよ懷しい故國への船路に就かうといふ前の晩、それは乳色の夜靄が町の燈灯をほのぼのとさせるばかりに立ち罩めた如何にも異郷の秋らしい晩だつたが、僕 …
作品に特徴的な語句
良人りやうじん ちやう しやう さう 微笑びせう 焦慮せうりよ ツア しやう はづ やはら 何人なんにん うへ 骰子サイツ をそ 卓子たくし 相違そうゐ をは がは 麻雀マアジヤン ぎやく あきらか あぢは せう かち おろ まへ 茶館ツアコブン きやう くわだて 相好さうかう 前等まへら 調とゝの この をんな 執拗しつえう 蹴球しうきう 幼稚えうち くわい あは 西方せいはう 裏通うらどほり たつ こゝろよ げつ おこな 流行りうかう いう あひだ 茶館ツアコハン あつま あるひ 戸外こぐわい はたらく はう 骨折ほねを 紹介せうかい 撞球どうきう 仕合しあは くはだ 瓜子クワスワ めん 翡翠ひすゐ パイ ごと あぢ とう どう 御勢おんいきほひ 年前ねんまへ 注意ちゆうい ゆる つゞ 去年きよねん 印象いんしよう しゆ 今日けふ カン けん せい 大通おほどほり おろか 插話さふわ 胸底きようてい わづ それ なつか 結局けつきよく まつた ゆび ひゞ すぐ 調しら