“茶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちゃ54.8%
ちや39.0%
2.1%
ちゃっ0.7%
ちやつ0.7%
ぢゃ0.7%
チャイ0.7%
ツア0.7%
ティー0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
写真入れとなったバスケットは、のたなのかれたのでした。平常は、だれも、それにをつけるものもなかったのです。
古いてさげかご (新字新仮名) / 小川未明(著)
清淨でもければ、不潔でもい、でもでもいのである。不潔でなかつたのは、がためには勿怪であつた。
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
と、一もいっていますが、たしかに叱り手のないことは、しいことです。大人になればなるほど、この叱り手を要求するのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
あのおぴいめ、ついこないだまで竹馬に乗ったり、学校の生徒に引張り出されちゃあ田圃でぶらんこをしていたっけが、どうだい、一番この男とおっこちゃあがって、それ、お歳玉内証だよ
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
露西亜だ。気候のせいかみんなよくこのをのむ。
踊る地平線:01 踊る地平線 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
窓際紫檀んでし、おでぼんやり煙草をふかしてゐると、型通瓜子んでくる。一人丸顏一人瓜實顏口紅く、耳環翡翠い。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
時刻はもう五時に近く、なにしろ六十マイルばかりも車に揺られ通しで、空腹を感じていたので、ホテルの看板を見ると急にを思い出したのだった。あので休んで行こうか? そうしよう。
シェイクスピアの郷里 (新字新仮名) / 野上豊一郎(著)