“内証”のいろいろな読み方と例文
旧字:内證
読み方割合
ないしょ62.2%
ないしょう25.6%
ないしよう8.5%
ない1.2%
ないしやう1.2%
ねえしょ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いずれ両親には内証なんだから、と(おいしかってよ。)を見得もなく門口でまで云って、遅くならない内、お妙は八ツ下りに帰った。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「今日まで内証にしていたんですが、実は四五日まえから脅迫状を寄来す奴がいるんです。初めは誰かの悪戯だと思ってたんですが」
海浜荘の殺人 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
その春挙氏は画家である。画が頼みたい人にそつと内証でお知らせする。氏の潤筆料に黄金などは無用の沙汰で、兎角は石の事/\。
もり蕎麦は、滝の荒行ほど、どっしりと身にこたえましたが、そのかわり、ご新姐——お雪さんに、(おい、ごく内証だぜ。)と云って、手紙をけたんです。
木の子説法 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ふるながら、そつと、大事に、内証で、手首をすくめて、自分身躰やうとつて、左右をひらいたもうはずキヤツとんだ。だつてのやうにえたんですもの。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
訳は大概極ってる、亭主に嫌われて離縁され、世間へ顔向けが出来ねえとか、内証情夫が出来て親に面目ねえんで死ぬのか知らねえが、今の若さで親に先立て済む訳のものじゃアねえ