“醍醐”の読み方と例文
読み方割合
だいご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
醍醐の花見や、加茂の葵祭、観学院の曲水の宴、さては仙院の五節舞などというありきたりな風流ごとにはどうしてもなじめない。
無月物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
天皇様が史記を左中弁藤原在衡侍読として始めて読まれ、前帝醍醐天皇様は三善清行を御相手に史記を読まれた事などがある。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
丹生川平という別天地に、宮川茅野雄と醍醐弦四郎とが、一緒に住居をしているとは、ちょっと不思議と云わなければならない。
生死卍巴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)