“隠居所”の読み方と例文
旧字:隱居所
読み方割合
いんきょじょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今はその慧林寺の境内にある望月庵という、前管長——この時にはもう管長を辞していた——の隠居所にいるのだった。
らせていたところ父親九兵衛が老後の用意に天下茶屋閑静な場所を選び葛家葺隠居所を建て十数株のの古木を庭園に取り込んであったがある年の如月にここで梅見の
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
六郎が祖父は隠居所にありしが、馳出でて門のあきたるを見て、外なる狼藉者を入れじと、門をさんとせしが、白刃振りてられ、しがたしとやおもいけん、また隠居所に入りぬ。
みちの記 (新字新仮名) / 森鴎外(著)