“顕密”の読み方と例文
読み方割合
けんみつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その後上皇は勅して彼を叡山に上らせて登壇受戒せしめ給い、玄昭律師に附して密教を学ばしめ給うたが、生来多才多藝の人で、顕密の両宗は勿論のこと
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
わしは今迄顕密の学問に稽古を努めたけれどもこれはまあ名利の為といってもよろしい。至心に浄土を志したということもないから道綽や善導の釈義も窺っているとはいえないのだ。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
秀龍は幼少の頃、妙覚寺に入り、顕密を学び、前身は僧であったこともあるので、美濃衆の合い言葉にも、顕密の語が用いられたり、こういう隠し作法にも、どこか寺院臭さがあった。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)